メニューを閉じる
2018年11月15日(木)
1925 : 不動産・住宅
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【住宅大手】商業建築やホテル、ホームセンターなども手掛ける。

現在値(15:00):
3,439
前日比:
-17(-0.49%)

大和ハウス、栃木県小山市の分譲マンション「プレミスト小山 ステーションレジデンス」の概要決定

2018/8/30 11:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月30日

■栃木県小山市「駅東通り一丁目第一地区市街地整備事業」内の分譲マンション

「プレミスト小山 ステーションレジデンス」概要決定

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、現在「駅東通り一丁目第一地区市街地整備事業」地内の分譲マンション「プレミスト小山 ステーションレジデンス」を建設中ですが、その概要が決定しました。

2018年9月1日より、「プレミスト小山 ステーションレジデンス」マンションギャラリーをグランドオープンし、2018年9月15日より販売を開始します。

当社は「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、より資産性が高く、社会やお客さまにとってより付加価値の高いマンションの供給を目指し、事業を推進しています。栃木県内においては、1992年より3棟247戸を供給しています。

今回当社が開発する「プレミスト小山 ステーションレジデンス」は、栃木県小山市が募集した、JR「小山駅」前に良好な街並み形成や良質な都市型住宅の供給促進等を目的とした「駅東通り一丁目第一地区市街地整備事業」において選定されました。2017年5月に小山市と基本協定を締結し、約2,500m2の敷地に、住宅、商業施設、子育て支援施設を整備する複合再開発プロジェクトです。

本物件は、駅前の便利な立地特性に加え、ご入居者の便利な暮らしが実現できるよう各住戸専用の「トランクルーム」と「宅配ボックス」を全戸に搭載するほか、「ゲストルーム」や「パーティールーム」も設置します。

分譲マンション「プレミスト小山 ステーションレジデンス」は、交通利便性に富む場所に建設される、共用施設も充実した小山の新たなランドマークとなる分譲マンションです。

●ポイント

1.「駅東通り一丁目第一地区市街地整備事業」地内の複合再開発

2. JR「小山駅」から徒歩3分の生活利便性を備えた立地

3.地上17階135戸の小山駅前の新たなランドマークとなる分譲マンション

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489100_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

90件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World