メニュー
2018年9月22日(土)
6502 : 家庭用電気機器
東証2部(優先)

【重電大手】昇降機など社会インフラ中心。海外原発からは撤退。

現在値(15:00):
334
前日比:
±0(±0.00%)

IDC Japan、2018年第2四半期 国内トラディショナルPC市場の実績値を発表

2018/8/30 11:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月30日

2018年第2四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表

 ・トラディショナルPC総出荷台数は、前年同期比6.7%増、274万台

 ・法人市場は同比19.1%増、174万台、家庭市場は同比9.7%減、100万台

 ・第2四半期の期中にレノボ/NEC富士通グループが誕生したため、同グループのシェアは39.8%に拡大

 

 IT専門調査会社 IDC Japan株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。これによると、2018年第2四半期(4月~6月)の国内トラディショナルPC出荷台数は、法人市場が前年同期比19.1%増の174万台、家庭市場は同比9.7%減の100万台、両市場合わせて同比6.7%増の274万台となりました。世界全体の前年同期比は2.3%増、米国で同2.9%増、西欧が同1.3%増であり、日本の成長が際立つ結果となりました。日本の法人市場は好調ですが、家庭市場は第1四半期(1月~3月)に続き二桁近い減少となりました。

 法人市場は大きな成長局面に突入したとIDCではみています。2013年後半から2014年の前半に大量に購入されたPC(Windows XPの延長サポート終了に伴う特需)の買い替えと、Windows 7の延長サポート終了を鑑みたWindows 10への移行が本格的に始まったことが背景にあります。このトレンドはWindows 7の延長サポート終了の直前、つまり2019年第4四半期(10月~12月)まで継続するとIDCでは予測しています。家庭市場については、これといった需要の喚起要因が見当たりません。家庭におけるPCの買い替えサイクルは長期化しており、さらに今年の猛暑により支出がエアコンや扇風機に取られるといった季節要因も家庭PC市場にとって負の要素となっています。

■カンパニー・ハイライト

 カンパニー別の出荷数上位5社は以下の通りです。

 第2四半期に、Lenovo Group Limitedが資本参加した新生「富士通クライアントコンピューティング」が事業を開始したことに伴い、IDC Japanではレノボ/NEC/富士通グループと表記し、1つのカンパニー(*1)として取り扱います。

 レノボ/NEC/富士通グループは、法人市場と家庭市場を併せたトラディショナルPC全体市場におけるシェアが39.8%に達しています。成長率は、グループ全体で前年同期比11.6%増、特に法人市場での同比が26.0%増と躍進が目立っています。グル―プ内の各Brand(*2)とも、大企業が法人市場の成長を牽引しています。家庭市場では同比7.6%減でした。

  富士通は、同グループ内で最大の出荷規模を有しています。法人市場で前年同期比19.4%増、家庭市場では同比6.7%減となり、全体では同比8.8%増でした。

  NECは、長らく低迷していましたが、復調の兆しが見えています。前年同期比が法人市場で19.2%増、家庭市場で9.9%減、全体で同比6.2%増となっています。

  レノボは、同グループ内で最高の成長率を示しました。法人市場における前年同期比が47.8%増、家庭市場が同比5.4%減、全体で同比24.4%増でした。

 日本HPは、法人市場で同比13.9%増、家庭市場は同比6.5%増、全体で同比12.8%増でした。Top5の中では、両市場でプラスの成長を示した唯一のカンパニーです。

 デルは、法人市場は同比14.5%増、家庭市場では同比33.1%減で、全体では同比3.8%減となりました。リテールチャンネルにおける不振が響いています。

 東芝は、法人市場で同比14.3%増、家庭市場では同比24.1%減となり、全体では同比4.7%減でした。大企業では好調を維持しています。

 アップルは、法人市場で同比18.1%減、家庭市場で同比17.5%減、全体が同比17.6%減と、両市場で振るいませんでした。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーの市川 和子は「東芝クライアントソリューションが10月にシャープの傘下に入ることが明らかになった。近年、dynabookの出荷数の減少が続いていたが、早々に法人を立て直すことが新生dynabookの成否を左右する」とコメントしています。

 今回の発表はIDCが発行した「国内PC市場 2018年第2四半期の分析と2018年~2022年の予測」(J18301310)にその詳細が報告されています。本データ製品には、2016年第1四半期~2018年第2四半期の国内PC市場実績値が掲載されています。

 注 *1:カンパニーとは、IDCの調査レポート期間において、期間内に発生した買収・統合の結果を反映する財務・法務的な企業ないし企業グループを指します。IDCではあたかもこの企業グループが過去全ての調査期間に渡って存在していたかのごとく取り扱います。こうすることで、買収・統合前後の成長率などのトレンド分析が簡単、明瞭になります。なお、カンパニーにはOwnershipが含まれますが、持ち株会社のように実質的に事業を行っていない会社は、除外します。

 注 *2:ブランドとは、製品梱包箱に記載されているベンダーブランドです。

 (※詳細についてはIDC Japanへお問い合わせ下さい。)

■レポート概要はこちら

 ・国内PC市場 2018年第2四半期の分析と2018年~2022年の予測

  https://www.idcjapan.co.jp/Report/Tracker/j18301310.html

<参考資料>

 ・2018年第2四半期 国内トラディショナルトPC出荷台数 トップ5カンパニーシェア

  ◇添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489091_01.JPG

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

202件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290
  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

  • 発掘ツールはサービスを終了しました。