メニューを閉じる
2018年11月19日(月)
4568 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【製薬大手】三共と第一薬が経営統合。医薬事業への特化を急ぐ。

現在値(10:07):
4,166
前日比:
+102(+2.51%)

第一三共、日本における長期収載品41製品の承継(譲渡)と会社分割による承継スキームを発表

2018/7/31 14:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月31日

日本における長期収載品41製品の承継(譲渡)及び当社の会社分割(簡易吸収分割)について

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、本日開催の取締役会において、当社及び当社の子会社である第一三共エスファ株式会社(以下「第一三共エスファ」)が日本において製造販売を行っている長期収載品41製品について、国内の製造販売承認をアルフレッサ ホールディングス株式会社の子会社であるアルフレッサ ファーマ株式会社(以下「アルフレッサ ファーマ」)に承継(譲渡)することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

当社は長年にわたり先進的医薬品の創出を図り、高品質な医薬品を継続的かつ確実に医療現場にお届けするよう努めておりますが、2025年ビジョンである「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」の実現に向け、がん領域へ優先的に資源投入してまいります。また、第一三共エスファはジェネリック医薬品企業として、超高齢化時代の国民医療に貢献してまいります。

その中で国内における長期収載品について事業最適化を検討してまいりましたが、当社および第一三共エスファの長期収載品事業の一部をアルフレッサ ファーマに譲渡することで、医療現場への安定供給責任を継続的に果たせるものと判断いたしました。

当該決議に従い、当社の長期収載品35製品と第一三共エスファの長期収載品6製品、計41製品の棚卸資産(2018年3月末 帳簿価額 30.8億円)及び国内製造販売に係る権利義務を2019年3月以降、アルフレッサ ファーマに承継し、当社及び第一三共エスファはアルフレッサ ファーマより84.2億円(棚卸資産を除く)の金銭の交付を受ける予定です。なお、承継する長期収載品41製品の2018年3月期の売上収益は91.6億円であります。

当社の長期収載品35製品のうち、30製品の資産及び製造販売に係る権利義務については、2019年3月1日を効力発生日として、会社分割によりアルフレッサ ファーマに承継し、それ以外の製品については、2019年3月2日以降順次、アルフレッサ ファーマに個別承継してまいります。

第一三共エスファの長期収載品6製品のうち、5製品の資産及び製造販売に係る権利義務については、2019年3月1日を効力発生日として、会社分割によりアルフレッサ ファーマに承継し、それ以外の製品については、2019年3月2日以降順次、アルフレッサ ファーマに個別承継してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486592_01.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

91件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World