メニューを閉じる
2018年11月14日(水)
3401 : 紡績・繊維
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【繊維大手】産業資材用繊維、化成品、医薬医療が三本柱。

現在値(15:00):
1,931
前日比:
-4(-0.21%)

帝人グループ、CSP Europe社にSMC製造ラインを新設

2018/7/31 12:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月31日

複合成形材料事業の欧州拠点を強化

CSP Europe社にSMC製造ラインを新設

帝人グループで軽量複合材料製品の生産・販売・技術開発を手がけるコンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス( https://www.cspplastics.com/ )(Continental Structural Plastics Holdings Corporation、本社:米国ミシガン州、社長:スティーブ・ルーニー、以下「CSP社」)が、このたび、欧州の研究開発拠点であるCSP Europe社(フランス・メーヌ=エ=ロワール県、社長:フィリップ・ボンテ)に、生産性、外観性、寸法・品質安定性に優れるGF-SMC(*)の製造設備を新設することとしました。

* GF-SMC: Glass Fiber-Sheet Molding Compoundの略。熱硬化性樹脂をガラス繊維に含浸させ、シート状にした成形材料。

※参考画像は添付の関連資料を参照

CSP社は、既に北米最大の自動車向け複合材料メーカーとしての地位を確立しており、年間76,000トン以上のGF-SMCを製造していますが、このたびのCSP Europe社におけるGF-SMC製造設備の新設により、自動車産業の主要市場の1つである欧州において、GF-SMCの研究開発から製造までの一貫体制を有することとなります。今後、同社で開発中の低VOC(低揮発性有機化合物)などを使用した製法も加え、優位性の高いコンポジット製品を拡大展開することで、欧州の自動車メーカーのニーズに対応していきます。

帝人グループは、中期経営計画において「自動車向け複合材料事業の展開」を発展戦略の1つとして掲げており、今後も複合化を強みとした技術開発に一層注力することにより、車体軽量化のソリューションプロバイダーとして事業展開を加速していきます。

【SMC設備新設の概要新会社の概要】

CSP Europe社 事業内容:

 炭素繊維を用いたRTM、「クラスA」と評される高外観を有する外板部材、熱可塑性コンポジットなどの研究開発およびSMC製造

設備新設投資額:約7億円(約600万ドル)

新設設備稼働時期:2019年秋(予定)

掲載されている情報は、発表日現在のものです。

その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486580_01.JPG

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

51件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World