メニュー
2018年9月23日(日)
4901 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用

【多角化】写真主体から複写機、医療、印刷、液晶材料などに転換。

現在値(15:00):
5,056
前日比:
+22(+0.44%)

富士フイルムHDと理研、理研のAIPセンター内に人工知能技術の研究開発組織を設置

2018/7/9 11:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月9日

富士フイルムホールディングスと理化学研究所

人工知能技術の研究開発組織を設置

ヘルスケア産業や素材産業におけるイノベーションを創出

 

 富士フイルムホールディングス株式会社(社長:助野 健児。以下、富士フイルムHD)と国立研究開発法人理化学研究所(以下、理研)は、人工知能(AI:Artificial Intelligence)の基盤技術開発から社会実装までの一貫した研究に取り組む組織として、理研と産業界の連携センター制度(*1)を活用し、理研の革新知能統合研究センター(以下、AIP(*2)センター)内に「理研AIP-富士フイルム連携センター」を設置し、本日より研究活動を開始します。

 富士フイルムHDは、X線画像など医療画像の解析・認識技術を搭載した医療機器・サービスを提供するメディカルシステム事業を始め、医薬品、バイオCDMO(*3)、再生医療事業などで構成されるヘルスケア事業を手掛けており、各市場におけるニーズや課題の解決に、画像処理やナノテクノロジーなどの高度な技術でこたえています。また、ディスプレイ材料やファインケミカルなどの高機能材料の開発においては、コンピュータを用いたシミュレーションなど計算科学を活用して材料を設計しています。

 理研は、2016年4月に文部科学省が進めるAIPプロジェクト(*4)の実施を担う研究開発拠点として、AIPセンターを開設。革新的なAIの基盤技術の研究開発を進めるとともに、さまざまな社会課題を解決するための社会実装に向けた技術開発に取り組んでいます。

 今回設置した「理研AIP-富士フイルム連携センター」では、富士フイルムHDがこれまでに培った医療画像の解析・認識技術および材料設計に関する知見と、AIPセンターに結集するAI分野の最先端技術の知見を融合させます。富士フイルムHDが事業として手掛けるヘルスケアおよび高機能材料の領域を対象に、イノベーションの創出を目指して、AI技術の活用および革新的な次世代AI基盤技術の開発から社会実装までの一貫した研究を行います。本連携センターでは、以下を主要研究テーマとして、ヘルスケアおよび素材産業をグローバルにリードするAI技術の開発を目指します。

<主要研究テーマ>

 (1)言語化された医学知見(*5)と画像認識の融合による次世代医療AIに関する研究開発

 (2)データ駆動型(*6)の化合物探索や複合材料設計などマテリアルズ・インフォマティクス(*7)に関する研究開発

 今後、富士フイルムHDと理研は、本連携センターでの活動を通じて、幅広い分野における最先端の基盤技術を取り込み、AI分野の技術力を高め、社会課題を解決するソリューションの提供に繋げていきます。

 *1 企業からの提案を基に、理研のセンター内に「連携センター」を設置し、中・長期的な課題に取り組む産業界との包括的な連携の場を提供するため、2007年2月から実施している理研の制度。

 *2 Advanced Intelligence Projectの略。

 *3 Contract Development&Manufacturing Organizationの略で、薬剤の開発および製造受託を行う組織を指す。薬剤開発初期の細胞株開発からプロセス開発、安定性試験、治験薬の開発・製造、市販薬の製造までの幅広いサービスを、製薬企業などに対して提供する組織。

 *4 世界最先端の人材を結集し、革新的な人工知能技術を中核として、ビッグデータ・IoT・サイバーセキュリティを統合した研究開発を行う拠点の新設や、イノベーションを切り開く独創的な研究者等の支援を推進することを目的に、2016年度より開始した文部科学省の事業。

 *5 医学文献やX線画像の読影レポートなど。

 *6 データを直接分析し、導き出される傾向をまとめあげて結論に繋げる帰納的手法。

 *7 データマイニングなどの情報科学を通じて、新材料や代替材料を効率的に探索する取り組み。

<理研AIP-富士フイルム連携センターの所在地>

 東京都中央区日本橋一丁目4番1号 理化学研究所革新知能統合研究センター内

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290
  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

  • 発掘ツールはサービスを終了しました。