メニュー
2018年9月26日(水)
4188 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合化学首位】エチレン生産最大。医薬も柱。電材、炭素も強い。

現在値(15:00):
1,041.5
前日比:
+27.5(+2.71%)

三菱ケミカルHD、「マテリアルズ・インフォマティクス CoE」を発足-材料開発期間の短縮・新規材料設計の早期実現

2018/6/27 17:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月27日

マテリアルズ・インフォマティクス Center of Excellence (CoE)の発足について

 

 株式会社三菱ケミカルホールディングス(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「当社」)は、先端技術・事業開発室デジタル・トランスフォーメーショングループ内に当社グループ全体でマテリアルズ・インフォマティクス(※1)技術の積極的な活用を推進するため、このたびマテリアルズ・インフォマティクス CoE(※2)を発足いたしました。

 マテリアルズ・インフォマティクス CoEとは、当社傘下のグループ会社やアカデミアを含む社外パートナーが有する技術を結集し、材料開発期間の短縮と新規材料設計を早期に実現するためのグループ横断的なチームです。研究者を中心とした人的リソースの活用、技術情報・社外ネットワークの共有、活用を推進します。

 化学業界では、従来の材料開発プロセスに加えて、データサイエンスやAIを取り入れた新たなアプローチが始まっています。内外の国家プロジェクトが先導しているマテリアルズ・インフォマティクスは、実用化に至るにつれてここ数年で大きな注目を集めています。

 これまで当社グループには、量子化学計算や分子動力学などの計算科学技術で素材・材料開発に貢献してきた長い歴史があり、また製薬分野でも情報学や機械学習、分子シミュレーションによる分子設計を精力的に行ってきた経験とスキルがあります。

 CoEは、こうした実績を「マテリアルズ・インフォマティクス」という形に組み合わせ、当社グループの取り組みをより一層強化する中心的役割を担う一方で、革新的な材料の開発を可能にする方法論を新たに作り出す機能も担います。また、専門家が不足している本分野での人材育成も行う予定です。

 ※1 マテリアルズ・インフォマティクスとは材料の研究開発に情報学を取り入れた考え方であり、データサイエンスとシミュレーションの両方を活用することが特徴です。

 ※2 CoEとは、特定の分野に集中して高度な研究・開発活動を展開し、人材育成及びビジネス創出の核となる集団・拠点を指します。

以上

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

16件中 1 - 16件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,940.26 +70.33
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,740 -10
  • QUICK Money World
  • 発掘ツールはサービスを終了しました。