メニューを閉じる
2018年11月19日(月)
1812 : 建設・土木
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】耐震建築に定評。米州や豪州など海外建設・開発事業を拡大。

現在値(15:00):
1,501
前日比:
+5(+0.33%)

鹿島、機関投資家対象の非上場オープンエンド型の私募REIT「鹿島プライベートリート投資法人」を運用開始

2018/6/20 12:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月20日

国内初、建設会社が単独運用する私募REITの運用を開始

鹿島(社長:押味至一)は、2008年1月に設立した鹿島不動産投資顧問株式会社(東京都千代田区、社長:山本俊行)を通じて、機関投資家を対象とした非上場オープンエンド型の私募REIT(※)「鹿島プライベートリート投資法人」の運用を開始しました。これは、建設会社が単独で運用する国内初のREITとなります。

「鹿島プライベートリート投資法人」は、オフィス物件をメインに、商業、住宅、ホテルなどを投資対象とする総合型私募REITで、当初運用資産規模は約250億円です。対象エリアは首都圏を中心とし、全国の政令指定都市も含め、5年後には資産規模を約1,000億円まで拡大することを目指しています。鹿島グループとして有する企画提案力や技術力、ネットワークを活かした特色ある運営を通じ、機関投資家の長期安定運用に資する新たな投資機会の提供や、投資主価値の最大化を図ります。

鹿島グループでは、2005年に不動産私募ファンドの運用を開始して以来、ノンアセットビジネスを推進してまいりました。今般の私募REITの運営を通じ、鹿島グループ中期経営計画(2018~2020)に掲げる「開発事業の収益力強化」に向けて、収益機会の拡大に取り組んでまいります。

※私募REIT:不動産等の運用により賃貸収入や売買益を投資家に分配する不動産投資信託(Real Estate Investment Trust)のうち、証券取引所に上場していないものを指し、運用期間の定めのない長期間での投資が可能

■鹿島プライベートリート投資法人

所在地:東京都千代田区永田町二丁目13番1号

代表者:執行役員 山本 俊行

形態:非上場オープンエンド型私募不動産投資法人

募集対象:機関投資家限定

投資対象:主としてオフィスビルとし、商業施設、住宅、ホテル等

■鹿島不動産投資顧問株式会社

所在地:東京都千代田区永田町二丁目13番1号

資本金:5,000万円(鹿島100%出資)

代表者:代表取締役社長 山本 俊行

免許等:宅地建物取引業免許 東京都知事(1)第100346号

   取引一任代理等認可 国土交通大臣認可第122号

   金融商品取引業 関東財務局長(金商)第1820号

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

44件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World