メニューを閉じる
2018年11月21日(水)
2768 : 総合商社
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ニチメンと日商岩井が母体】05年10月に持株会社と事業子会社が合併。

現在値(15:00):
392
前日比:
-9(-2.24%)

東芝インフラシステムズ・双日・CBMM、次世代リチウムイオン電池向け材料の共同開発契約を締結

2018/6/19 14:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月19日

次世代リチウムイオン電池向け材料の共同開発契約締結について

株式会社東芝の事業会社である東芝インフラシステムズ株式会社(社長:秋葉慎一郎、本社:神奈川県川崎市、以下、東芝インフラシステムズ)、双日株式会社(社長:藤本昌義、本社:東京都千代田区、以下、双日)および伯カンパニア・ブラジレイラ・メタルジア・イ・ミネラソン社(Companhia Brasileira de Metalurgia e Minera●●o(◇)、社長:エドゥアルド リベイロ(Eduardo Ribeiro)、本社;サンパウロ市、以下 CBMM)は、ニオブチタン系酸化物(Niobium Titanium Oxide、以下、NTO)を用いたリチウムイオン電池向け負極材の共同開発契約を締結しました。これにより、3社は電気自動車(EV)用途等に適した高エネルギー密度でかつ急速充電が可能な次世代リチウムイオン電池の材料の開発に取り組みます。

◇「Companhia Brasileira de Metalurgia e Minera●●o」の正式表記は添付の関連資料を参照

東芝インフラシステムズは、負極材に急速充電性能、長寿命、安全性に優れるチタン酸リチウムを採用したリチウムイオン電池 SCiB(TM)を2008年から製品化しています。その後も継続的に製品のエネルギー密度を高める開発をしてきましたが、昨年、NTOを負極材に用いた、高容量次世代リチウムイオン電池(次世代 SCiB(TM))の試作に成功しました。(注1)NTO負極はリチウムイオン電池の負極材として一般的に使用される黒鉛と比較して、2倍の素子エネルギー密度(注2)を発揮します。

ニオブ(Nb)は、金属元素の一つで、鉄鋼添加剤として主に高張力鋼、ステンレス鋼などの高級鋼材に用いられ、中でも自動車向け鋼材の軽量化・剛性化には不可欠とされております。

CBMMは、ニオブ市場において世界一位の生産量と販売量を誇り、高い技術力と製品開発プログラムを有しております。一方で、双日は、CBMMの株主の1社であり、また、CBMMの日本市場向けの総代理店として、安定的な原料供給体制の構築や用途開拓を進めてきた知見・ノウハウを持ちます。

CBMMと双日が提供する五酸化ニオブを用いて、東芝インフラシステムズはNTOの電極製作および性能評価を行い、安価で品質の安定した仕様の確立を目指します。同時に材料サプライチェーンを構築し、2020年度の次世代SCiB(TM)の量産化を進めていきます。

今後用途が拡大・多様化するEV用二次電池においては、高エネルギー密度でかつ急速充電が可能な電池が求められております。東芝インフラシステムズ、CBMM、双日は、NTOを用いた負極材の開発を加速し、二次電池事業を拡大していきます。

注1:2017年10月3日付株式会社東芝が発表

注2:体積容量あたり

■東芝インフラシステムズ社の概要

代表者:代表取締役社長 秋葉 慎一郎

設立:2017年7月1日

資本金:100億円

売上高:12,468億円(2017年度連結)

■双日株式会社の概要

代表者:代表取締役社長 藤本 昌義

設立:2003年4月1日

資本金:160,339百万円

売上高:42,091億円

■CBMM社の概要

代表者:エドゥアルド リベイロ(Eduardo Ribeiro)

設立:1955年

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「Companhia Brasileira de Metalurgia e Minera●●o」の正式表記

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482844_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

39件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World