メニューを閉じる
2018年11月20日(火)
3103 : 紡績・繊維
東証1部
日経平均採用

【総合繊維大手】フィルムや樹脂、生活健康など非繊維を拡大。

現在値(15:00):
544
前日比:
-8(-1.45%)

ユニチカ、インドネシア子会社のエンブレムアジアに新工場建設しナイロンフィルムの生産設備を増設

2018/4/26 17:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月26日

エンブレムアジアにおける新工場建設とナイロンフィルムの生産設備増設について

ユニチカ株式会社(本社:大阪市中央区、社長:注連浩行、以下「当社」)は、インドネシアにおけるナイロンフィルム製造・販売子会社であるエンブレムアジア(P.T.EMBLEM ASIA)(所在地:インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県、社長:川北俊一、以下「エンブレムアジア」)に新工場を建設し、ナイロンフィルムの生産設備を増設することを正式に決定いたしましたのでお知らせいたします。増設後の生産能力は、年産16,500トンから年産26,500トン(当社グループ全体では年産41,500トンから年産51,500トン)となります。

1.背景

当社は 1968 年に世界で初めて同時二軸延伸法によるナイロンフィルムの商業生産化に成功し、ナイロンフィルム「エンブレム」は、国内トップシェアかつ世界トップレベルのシェアを誇るブランドとして展開しています。現在、国内では宇治事業所(京都府宇治市)、海外ではエンブレムアジアにナイロンフィルムの製造設備をそれぞれ保有していますが、アジア地域を中心とした食品包装用途などの需要拡大により、いずれもフル稼働の状況が続いております。

今回のエンブレムアジアにおける新工場は、生産設備の増設のために、現在エンブレムアジアの所在地である MM2100 工業団地内に建設します。また、生産設備の増設は、中期経営計画「“G"round20~to The Next Stage」におけるフィルム事業の主要施策で掲げています「海外生産体制強化に向けた投資実行」を実現することで、食品包装用途を中心としたグローバルマーケットの需要拡大に対応し、更なる事業拡大に向けて実施するものです。

2.新工場と設備増強の概要

(1)生産品目:ナイロンフィルム

(2)増設場所:エンブレムアジア(P.T.EMBLEM ASIA)

(3)所在地:インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県 MM2100 工業団地内

(4)新工場土地面積:26,180 m2(MM2100 工業団地内造成地を取得予定)

(5)投資額:約 60 億円

(6)増設能力:年産 10,000 トン

 (グループ全体で年産 41,500 トン→年産 51,500 トン)

(7)スケジュール:2020 年 11 月稼働開始予定

3.エンブレムアジアの概要

(1)社名:P.T.EMBLEM ASIA

(2)所在地:T-3 MM2100 Industrial Town,Cibitung Bekasi,17520 Jawa Barat,Indonesia

(3)事業内容:ナイロンフィルムの製造・販売

(4)設立:1995 年 11 月

(5)資本金:US$ 32,400,000

(6)社長:川北俊一

以上

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

19件中 1 - 19件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World