メニューを閉じる
2018年11月16日(金)
2897 : 食品製造
東証1部
JPX日経400採用

【即席めん大手】シェア1位。国内市場成熟で海外展開に注力。

現在値(15:00):
7,270
前日比:
+20(+0.28%)

日清食品HDとカゴメ、香港・マカオにおける野菜飲料販売事業の合弁会社を設立

2018/4/23 15:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月23日

香港・マカオでの野菜飲料販売事業の合弁契約締結のお知らせ

日清食品ホールディングス株式会社(代表取締役社長・CEO 安藤宏基)の子会社である日清食品有限公司(代表取締役社長 安藤清隆、以下「香港日清」)とカゴメ株式会社(代表取締役社長 寺田直行、以下「カゴメ」)は、本日、香港・マカオにおける野菜飲料販売事業の合弁会社(以下「当合弁会社」)設立に関する契約を締結しました。

日清食品ホールディングス株式会社は、2016年5月に「中期経営計画 2020」を発表し、「グローバルカンパニーとしての評価獲得」の要件として「時価総額1兆円」を目指しています。またその達成のため、海外事業に積極的に取り組む方針です。香港日清は1984年の設立以来、香港および中国において、付加価値の高い即席麺を中心に、食品の製造、販売を行っています。

カゴメは、「自然を、おいしく、楽しく。KAGOME」というブランド・ステートメントのもと、食を通じてお客さまと社会の健康長寿に貢献する企業を目指しており、トマトや野菜などの植物性素材を活かした製品群で、日本における野菜飲料市場での高いシェアを持っています。香港では、カゴメの100%出資子会社であるKAGOME Hong Kong Co.,Limited.(以下「カゴメ香港」)を2014年に設立し、カゴメが日本で製造した野菜飲料の輸入販売事業を通じて、香港における野菜飲料の市場拡大を進めてきました。

香港・マカオにおける野菜飲料市場は、健康志向の高まりにより、今後さらなる成長が見込まれます。当合弁会社は、野菜と果実だけで作られた健康的な飲料として高い認知を有するカゴメブランドの野菜飲料を、香港日清が有する強固な営業体制と多様なチャネルを利用して販売することで、香港・マカオ市場での事業の拡大と高付加価値野菜飲料としてのブランド確立を目指します。また将来、中国市場への拡大も視野に入れています。

■当合弁会社の概要

所在地:11-13 Dai Shun Street,Tai Po Industrial Estate,Tai Po,New Territories,Hong Kong(NISSIN FOODS COMPANY LIMITED Office)

事業開始時期:2018年7月予定

事業内容:

 香港・マカオ・中国におけるカゴメ野菜飲料の輸入、販売

 ※カゴメブランドの野菜飲料の香港・マカオ・中国での独占販売権を有します。

資本金及び株主比率:5百万HK$(香港日清:70%、カゴメ:30%)

※合弁会社設立により、カゴメ香港は清算手続きを開始します。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0478021_01.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World