メニュー
2018年9月22日(土)
3861 : 製紙・紙製品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【国内トップ級】印刷用紙と段ボール大手。海外に展開進む。

現在値(15:00):
816
前日比:
+9(+1.12%)

王子HDと三菱製紙、資本業務提携に関する資本提携契約の締結など決議

2018/2/7 10:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年2月6日

王子ホールディングス及び三菱製紙の資本業務提携のお知らせ

 

 王子ホールディングス株式会社(以下「王子ホールディングス」といいます。)と三菱製紙株式会社(以下「三菱製紙」といいます。)は、平成30年2月6日開催の王子ホールディングス及び三菱製紙の各取締役会において、両社の間の資本業務提携(以下「本提携」といいます。)に関する資本提携契約の締結及び第三者割当による王子ホールディングスに対する三菱製紙の新株式の発行について決議いたしましたので、お知らせいたします。

 また、王子ホールディングスは、本提携の一環として、三菱製紙の株主との間で、王子ホールディングスが三菱製紙の株式を取得することにつき合意いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

1. 本提携の趣旨

 (1)王子ホールディングス及び三菱製紙を取り巻く環境

  我が国の製紙産業において印刷情報用紙分野は、少子高齢化、ICT化の影響を強く受け、10年前と比較して需要が30%程度減少しております(日本製紙連合会の平成21年1月20日付「2009(平成21)年紙・板紙内需試算報告」及び平成30年1月22日付「2018(平成30)年紙・板紙内需試算報告」によります。)。その間、国内の印刷情報用紙メーカーは、余剰設備の廃棄、人員の削減など、コスト構造の改善を図ってまいりました。一方で、アジアを中心とする海外の製紙メーカーは、経済成長に伴う自国の需要拡大を背景に最新鋭設備による生産能力の拡大を実施し、日本市場においても一定のプレゼンスを獲得しており、海外の製紙メーカーとの競争は激しさを増しております。さらに足元においては、資源価格全般における高騰の中、製紙原燃料価格も高騰しており、国内の印刷情報用紙メーカーの事業環境は、ますます厳しい状況となっております。

 こうした中で、王子ホールディングス及び三菱製紙は、従前の経営戦略の延長線では、他社との競争の中で、事業の安定した運営と成長を続けていくことはできない状況にあります。

 (2)王子ホールディングス及び三菱製紙のこれまでの状況

  王子ホールディングスは、「海外事業の拡大」、「国内事業の集中・進化」、「財務基盤の強化」をグループ経営戦略の基本方針に据え、中期経営計画(平成29年3月期~平成31年3月期)の諸施策に取り組んでおります。具体的には、海外において、アジア、オセアニア、南米を中心とした製造販売拠点の獲得を積極的に進める一方で、国内においては、需要の減少に歯止めがかからない印刷情報用紙の生産設備の削減に取り組むとともに、需要が安定的に推移している家庭用紙や段ボールなどの抜本的な収益基盤の強化、及びセルロースナノファイバーなど次期中核事業となり得る革新的な素材の研究開発に取り組んでおります。

 他方で、三菱製紙は洋紙事業、イメージング事業、機能材事業、並びにパルプ製造外販、発電事業などの様々な事業展開を国内並びにドイツ、北米及び中国などで行っております。直近では「第2次中期経営計画(平成29年3月期~平成31年3月期)」を策定し、「アライアンスによる収益の安定化」をキーワードに、外部環境に左右されにくい収益構造の実現・強化を目指した諸施策を実行しております。

 (3)本提携の目的

  王子ホールディングスと三菱製紙は、平成19年の情報用紙事業における業務提携及び三菱製紙による王子ホールディングスを引受先とする第三者割当増資以降、両社のアライアンス強化を進めてまいりました。具体的には、ノーカーボン紙や感熱紙といった情報用紙分野での業務提携、平成29年3月期に入ってからは、共同バイオマス発電事業の立ち上げ(平成31年7月事業開始予定)や家庭紙合弁事業の立ち上げ(平成31年4月稼働予定)にも着手するなど、業務提携の範囲を拡大してきております。

 その後、両社を取り巻く市場環境や事業戦略などについても継続して協議・検討を重ねた結果、従前の業務提携の枠にとどまらず、両社の資本・業務提携関係を更に包括的かつ建設的なものに発展させ、三菱製紙が王子ホールディングスの持分法適用会社となることで、これまでの特定の事業における単発的な協業関係にとどまらない、複数の事業での協業関係の強化を可能とすることが両社の持続的成長には不可欠との認識で一致いたしました。

 また、これに並行して協議を進めておりました三菱製紙のドイツ事業についても、三菱製紙単独では中長期の展望が描きにくいため、両社間でドイツ子会社の株式の全部又は一部を譲渡することを含めた再編を進めることにいたしました。

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470732_01.pdf

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290
  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

  • 発掘ツールはサービスを終了しました。