メニューを閉じる
2018年11月15日(木)
6988 : 半導体・電子部品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【テープ基幹の総合材料メーカー】液晶・半導体、医療用など多角展開。

現在値(15:00):
6,084
前日比:
-62(-1.01%)

TPCマーケティングリサーチ、ケミカルメーカーの情報電子材料事業戦略について調査結果を発表

2017/12/18 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年12月18日

ケミカルメーカーの情報電子材料事業戦略について調査結果を発表

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、主要ケミカルメーカーの情報電子材料事業戦略について調査を実施、その結果を発表した。

【調査結果】

■ケミカルメーカー18社の情報電子材料事業規模は、2016年度で2兆6,136億円となった。

内訳は国内が9,498億円、海外が1兆6,638億円となっている。

・2016年度における国内外を含めた18社の情報電子材料事業規模は、前年度比3.6%減の2兆6,136億円となった。マイナス要因としては、海外を中心に半導体関連材料や液晶といったディスプレイ関連材料などの需要が低迷したことが挙げられる。

・国内では、前年度比3.3%減の9,498億円となった。これを企業別にみると、三菱ケミカルが構成比15.8%でトップとなっている。次いで、信越化学工業が同12.5%、日東電工が同11.6%などで続く。

・海外では、前年度比3.7%減の1兆6,638億円となった。企業別では、住友化学が構成比0.4%でトップとなっている。次いで、信越化学工業が同18.8%、日東電工が同18.6%などで続く。

・2017年度は、前年度比7%強の2兆8,054億円で拡大推移となる見込み。世界的に景気が持ち直し、スマートフォンなどモバイル関連の需要が底堅く推移するものと予想される。それに伴いモバイル機器向けを主体に材料の拡大が進むことが期待される。特に、中国・韓国などの需要が見込まれる海外市場を中心に、規模の拡大が進むとみられる。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466497_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466497_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World