メニューを閉じる
2019年12月7日(土)
3166 : 建材・電気機械・金属卸

【住宅建材卸で九州最大手】関西、四国、中国に拠点を持つ。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

OCHIHD、2019年度を初年度とする中期経営計画を策定

2019/5/8 12:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月8日

中期経営計画策定に関するお知らせ

当社グループは2019年度を初年度とする中期経営計画を下記のとおり策定いたしましたので、お知らせいたします。

   記

1.中期経営計画の対象期間

2019年4月1日から2022年3月31日までの3年間

2.基本方針

当社グループは、「住生活に関するビジネスを基軸として、生活文化の向上と地球環境の保全に貢献します。」との経営理念のもと、住生活に関するビジネスを充実させるとともに、新しい分野へ事業ポートフォリオを拡大することで、『住生活と産業資材のトータルサプライヤー』を目指しております。

本中期経営計画におきましては、次の4項目を基本方針とし、同方針に基づく各種施策を推進することにより、持続的な成長及び企業価値の向上を図ってまいります。

・高収益体質の確立

・M&Aによる事業ポートフォリオの拡大

・コーポレートガバナンス及び内部管理の強化

・次世代を背負う人材の育成

3.重点施策

(1)高収益体質の確立

建材事業及び加工事業(以下、住建分野と総称します。)におきましては、営業地域毎に両事業の連携を一層緊密なものとし、建材、住宅設備機器から構造材までの総合的な販売、非住宅市場の開拓、工事や施工付き販売等を推進してまいります。また、耐震、ゼロエネルギー住宅等の高機能商材の普及促進、リフォーム・リノベーション需要の掘り起こしに努めてまいります。

環境アメニティ事業及びその他事業(以下、非住建分野と総称します。)におきましては、既存の主力販売先との取引拡大に加えて、新規の商材や販路を開拓してまいります。また、東日本を中心に環境アメニティ事業を展開する2社の連携を強化してまいります。

一方、グループ会社及び営業拠点の再編による管理部門の集約、並びに、物流費をはじめとした販売費及び一般管理費の増加抑制により、高収益体質を確立してまいります。

(2)M&Aによる事業ポートフォリオの拡大

これまで多くのM&Aを成功させてきた実績を踏まえて、今後とも積極的にM&Aにより事業ポートフォリオを拡大していく方針です。地域シェア向上に資する住建分野のM&Aを行なう一方で、住宅需要の変化に影響を受けにくい非住建分野のM&Aに注力してまいります。

(3)コーポレートガバナンス及び内部管理の強化

2019年6月に予定しております監査等委員会設置会社への移行に加え、持株会社の組織・機能の充実・強化等により、コーポレートガバナンス及び内部管理を強化してまいります。

(4)次世代を背負う人材の育成

女性活躍推進を含む多様な人材の登用、中堅社員の能力開発、働き方改革による労働生産性の向上等を推進してまいります。

4.連結財務目標

※添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

4.連結財務目標

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508966_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World