メニューを閉じる
2022年8月8日(月)
1801 : 建設・土木 日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】首都圏で競争力が強い。海外事業を強化。非同族。

現在値(15:00):
3,985
前日比:
-135(-3.28%)

大成建設と西尾レントオール、遠隔安全管理アプリケーション「KIZUKIAI」を開発

2022/6/9 16:53
保存
共有
印刷
その他

発表日:2022年06月08日

遠隔安全管理アプリケーション「KIZUKIAI」を開発

クラウドを活用して遠隔地から建設現場の安全を確認・検証・改善

大成建設株式会社(社長:相川善郎)と西尾レントオール株式会社(社長:西尾公志)は、施工中に得られる膨大なデジタルデータを活用して、現場管理支援や生産性向上を図る統合プラットフォーム「T-iDigital Field」(※1)に、事務所や外出先などの遠隔地から現場の安全確認・検証や対策改善などの安全管理を可能とする、新規開発のアプリケーション「KIZUKIAI」を導入しました。

「安全」は工事を実施する上で最も重要な要素であることから、建設現場では安全管理のための様々な対策が講じられており、現場状況を常時把握しながら危険を知らせる多種多様な警報装置などが設置されています。しかし、現場で発生したこれらの警報音や警告灯はその場限りということが多く、これまで発生した事象の記録や集計結果などを共有する仕組みがなく、予防という観点で安全管理に適用することが困難でした。そのため、これらの安全に関わる情報を集約させ、確認・検証・改善などの情報を工事関係者間で共有し、安全に対する意識の向上や予防を図るような仕組みの構築が求められていました。

そこで、当社と西尾レントオールは、現場状況を把握するために配置されたカメラ画像やセンサで得られた様々なデータから「T-iDigital Field」を介して安全に関する情報をクラウド上に集約・一元管理し、建設現場はじめ事務所などの遠隔地からでも現場の安全管理を可能とするアプリケーション「KIZUKIAI」を開発・導入しました。(図1参照)

本アプリケーションの適用により、現場での警報などの様々な安全情報をリアルタイムに確認・共有でき、取得した情報の記録・分析に基づく事後の確認・検証・改善により安全性の向上が図れます。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/634072/01_202206091650.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

36件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World