メニューを閉じる
2021年7月31日(土)
4581 : バイオ・医薬品関連
東証1部

【大衆薬最大手】ドリンク剤が主軸。医療用医薬品も強化。

現在値(15:00):
6,120
前日比:
-100(-1.61%)

大正製薬HD、ビオフェルミン製薬を完全子会社化

2021/5/14 17:21
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年05月14日

大正製薬ホールディングス株式会社によるビオフェルミン製薬株式会社の完全子会社化に関する株式交換契約締結のお知らせ

大正製薬ホールディングス株式会社〔本社:東京都豊島区、社長:上原 明〕(以下、「大正製薬HD」)及びビオフェルミン製薬株式会社〔本社:兵庫県神戸市、社長:久乗 俊道〕(以下、「ビオフェルミン製薬」)は、本日開催の両社の取締役会において、大正製薬HDを株式交換完全親会社とし、ビオフェルミン製薬を株式交換完全子会社とする株式交換(以下、「本株式交換」)を行うことを決議し、本日、両社間で株式交換契約(以下、「本株式交換契約」)を締結いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。

本株式交換は、2021年6月24日開催予定のビオフェルミン製薬の定時株主総会の決議による本株式交換契約の承認を得た上で行われる予定です。なお、大正製薬HDにおいては、会社法第796条第2項の規定に基づく簡易株式交換の手続きにより、株主総会の決議による本株式交換契約締結の承認を得ずに、本株式交換が行われる予定です。

また、本株式交換の効力発生日(2021年7月30日予定)に先立ち、ビオフェルミン製薬の普通株式(以下、「ビオフェルミン製薬株式」)は、株式会社東京証券取引所(以下、「東京証券取引所」)市場第一部において、2021年7月28日付で上場廃止(最終売買日は2021年7月27日)となる予定です。

  記

1.本株式交換の目的

大正製薬グループは、「健康と美を願う生活者に納得していただける優れた医薬品・健康関連商品、情報及びサービスを、社会から支持される方法で創造・提供することにより、社会へ貢献すること」を使命としております。主力のセルフメディケーション事業(一般用医薬品及び健康関連商品事業)においては、国内におけるOTC医薬品のリーディングカンパニーとして、生活者ニーズに対応する製品展開や改良を行うことで、ブランド育成を行っております。また、医薬事業においては、研究開発型企業として、販売や開発において強みのある「整形外科疾患」「代謝性疾患」「感染症」「精神疾患」を重点領域とし、独自性のある新薬開発に取り組んでおります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610314/01_202105141707.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World