メニューを閉じる
2021年4月20日(火)
7951 : 趣味・娯楽用品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【楽器メーカー大手】全世界で楽器販売。電子楽器も拡大。

現在値(15:00):
6,130
前日比:
-190(-3.01%)

東大先端研、資生堂・住友商事・ソニーなどと「先端アートデザイン社会連携研究部門」を設置

2021/1/27 15:23
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年01月27日

東京大学における「先端アートデザイン社会連携研究部門」の設置について

1. 発表概要

国立大学法人東京大学先端科学技術研究センター(以下東大先端研)と株式会社資生堂住友商事株式会社、ソニー株式会社、日本たばこ産業株式会社、マツダ株式会社、ヤマハ株式会社、ヤマハ発動機株式会社、株式会社リクルート、BLBG(ブリティッシュ・ラグジュアリーブランド・グループ)株式会社は共同で「先端アートデザイン社会連携研究部門」を設置いたしました。

2030年に向けたSDGsをはじめ、現在、あらゆる人を受容するインクルーシブな社会の構築、社会のデザインが極めて重要となっています。これらの複雑な課題に対しては、客観的に導かれる最適解だけで対処することは不可能であり、人と自然と科学技術の在り方を包括的な視座から捉え直し、取り組んでいくことが必要となります。本研究部門では、世界を先導する企業、東大先端研の研究者、およびアートデザイン領域の第一線のプロフェッショナルが分野横断的な研究グループを組織し、多様な視点から生み出されるアイデアをスピーディに社会実装していくとともに、これらの複雑化する社会の諸問題にバランスよく立ち向かえる未来の人材育成を目指します。

2. 発表内容

人間中心の個の解、「差」を求める西欧思想をベースとした科学技術の発展は、同時に私たちの住む社会環境や自然環境において、様々な精神的・身体的なストレスや、環境破壊などの歪みをもたらしています。令和の時代が開けた今日、森羅万象を大切に考える東洋思想、とくに日本が培ってきた自然と共生する生き方、すべてを包括的に捉える「和」の視点に基づく科学技術の発展が求められます。今日の諸問題に対し、「NatureCentered(自然主義)」の概念を新たに掲げ、様々な研究領域の考え方を統合した「和」のクリエイティビティを発揮することで、自然と社会のバランスよい問題解決をしていくことが重要です。

東大先端研は、1987年の設立当時から、文理融合の学際的研究拠点として発展してきた研究所です。本研究部門における研究活動も、その理念に則り、多様な人材が経験と知識を共有し、お互いに気づきを与え合う過程を大切にしながら、種々のプロジェクトを展開してまいります。これらのプロジェクトは、研究部門内に開設するデザイン、アート、デザインエンジニアリングの3つのラボを横断する形で推進されます。デザインラボは、20年以上に渡りイタリア・ミラノを拠点に国際的に活躍するデザイナーでミラノ工科大学等にて教鞭をとる伊藤節および伊藤志信が、アートラボは、東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターでありバイオリニストの近藤薫が、デザインエンジニアリングラボは、TANGENTの創業者でこれまで英国ロンドンを拠点に活躍してきたデザインエンジニア吉本英樹が、それぞれ中心となり進めます。また、東大先端研所長で生命知能システム分野教授の神崎亮平が、部門の研究統括を担います。さらに、アートデザインの関連領域において世界をリードして活躍されている方々を、「先端アートデザイン分野アドバイザー」(添付資料)として迎え、東大先端研の連携協定機関(※注)とともに、当研究部門の発展のため協力いただきます。

これらの研究活動に加えて、2021年4月より東京大学大学院工学系研究科博士課程である先端学際工学専攻において、本研究部門教員、先端アートデザイン分野アドバイザー、また異分野からも最先端の研究者を迎えて、インクルーシブな未来のありかたについて、多様な角度から包括的な議論を展開する授業科目「先端アートデザイン学」を開始し、人材育成にも力を入れてまいります。

※注 連携協定機関:東大先端研と締結している包括連携協定に基づき、当研究部門の活動へ参画する機関。2021年1月14日現在、高野山真言宗 総本山金剛峯寺、高野山大学、高野町、ミラノビコッカ大学、ミラノ工科大学。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603954/01_202101271519.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

95件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World