メニューを閉じる
2022年5月16日(月)
2579 : 飲料・たばこ・嗜好品
プライム

【最大ボトラー】主力の東西ボトラー社が経営統合して誕生した持ち株会社。

現在値(14:22):
1,597
前日比:
+55(+3.57%)

ユーグレナなど3社、コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDからキューサイ株式を共同取得することで合意

2020/12/15 17:39
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年12月15日

アドバンテッジパートナーズ、ユーグレナ東京センチュリーの3社がコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスからキューサイ株式を共同取得することで合意

株式会社アドバンテッジパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:喜多 慎一郎、以下「AP」)がサービスを提供するファンド(以下「APファンド」)、株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲 充、以下「ユーグレナ」)、および東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野上 誠、以下「東京センチュリー」)の3者は、本日、3者が出資する特別目的会社(以下「SPC」)(※1)を通じて、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下「CCBJH」)が保有するキューサイ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:神戸 聡、以下「キューサイ」)の全株式を共同取得すること(以下「本取引」)を、CCBJHと合意し、株式譲渡契約を締結しました。株式譲渡契約に基づき2021年1月29日付で株式譲渡が実行される予定です。

<合意内容>

●APファンド、ユーグレナ、東京センチュリーの3者が、キューサイ全株式を共同取得

●ユーグレナは、1年以内を目途にキューサイを連結子会社化する方針

●業界の老舗企業であるキューサイと、経営改善や事業構造転換に強みを持つAP、ESG/SDGs領域やデジタル領域に強みを持つベンチャー企業のユーグレナ、PMI(※2)経験も豊富な東京センチュリーが手を組むことは、ユニークかつ事業の企業価値向上の実現に向けた最適なフォーメーション

●キューサイは3者と協働し、「通信販売を中心とする健康食品/化粧品販売企業」から、お客さまが年齢を重ねることに上手に向き合っていくことを支援する「ウェルエイジング支援カンパニー」への事業転換を目指す

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/601867/01_202012151735.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601867/02_202012151735.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World