メニューを閉じる
2021年10月19日(火)
8334 : 銀行
東証1部

【地銀上位】群馬県内の預金・貸出金シェアで他行を圧倒。

現在値(15:00):
364
前日比:
±0(±0.00%)

武蔵野銀行、「TSUBASAアライアンス」への群馬銀行の参加について発表

2020/11/9 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年11月9日

「TSUBASAアライアンス」への群馬銀行の参加について

武蔵野銀行(頭取 長堀 和正)ほか「TSUBASAアライアンス」参加行(※1)は、2020年11月9日(月)、「TSUBASAアライアンス」に、群馬銀行(頭取 深井 彰彦)が新たに参加することに合意しました。

当行は2019年3月にTSUBASAアライアンスへ参加しており、今般、群馬銀行の参加により、TSUBASAアライアンス参加行は11行となります。

TSUBASAアライアンスでは、フィンテックやシステム部門の連携のみならず、M&A分野での情報連携に加え、今年10月より共同出資会社「TSUBASAアライアンス株式会社」に開設したAML(※2)センターにて、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止に関連する業務の高度化に向けた取組みも開始するなど、幅広い分野で協業を進めております。

今後も、参加各行の知見を結集し、全国を網羅するネットワークやスケールメリットを活かすことで、各地域の未来へ向けてデジタル化をはじめとした最先端の金融サービスを提供してまいります。

《TSUBASAアライアンス概要》

■沿革

◇2015年10月 千葉銀行、第四銀行、中国銀行の3行で発足

◇2016年03月 伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行が参加

◇2016年07月 共同出資によりT&Iイノベーションセンター(株)を設立

◇2018年04月 北越銀行が参加

◇2018年04月 「TSUBASA FinTech共通基盤」の提供開始

◇2019年03月 当行が参加

◇2019年05月 滋賀銀行が参加

◇2020年04月 琉球銀行が参加

◇2020年07月 共同出資によりTSUBASAアライアンス(株)を設立

◇2020年11月 群馬銀行が参加

■連携目的

・地域の持続的な成長や金融システムの高度化、参加行グループの企業価値の増大に資する連携施策の立案・推進

・参加行のトップライン増強、コスト削減に寄与する施策の立案・推進

※1 千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、北越銀行、滋賀銀行、琉球銀行の9行

※2 アンチ・マネー・ローンダリングの略

以上

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World