メニューを閉じる
2020年9月27日(日)
9432 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【通信事業最大手】持ち株会社。傘下に東西地域会社やドコモなど。

現在値(15:00):
2,259.0
前日比:
-3.5(-0.15%)

NTTと東工大、300GHz帯無線トランシーバの省電力化に成功

2020/8/5 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年8月5日

300GHz帯無線トランシーバの省電力化に成功

~5Gの先を見据えた超高速無線通信を小型・低コストICで実現~

東京工業大学 工学院 電気電子系の岡田健一教授らと日本電信電話株式会社の研究グループは、5G(用語1)で用いられる28GHz帯の10倍高い周波数である300GHz帯(用語2)を用いる超高速無線通信トランシーバの開発に成功した。

この無線トランシーバは、34Gbps(ギガビット/秒)の高速な無線通信を、送信・受信合わせて、わずか410mWの低消費電力で実現できる。新たに考案した高利得なミキサ回路(用語3)を採用することで、安価で量産が可能なシリコンCMOSプロセス(用語4)による製造を可能とした。

低コスト化・省面積化・低消費電力化が達成できたことにより、スマートフォン等のモバイル端末への搭載が可能となった。5Gの次の世代の無線通信システムの実用化を加速させる成果である。

研究成果の詳細は、8月4日(米国太平洋時間)からオンライン開催される国際会議IMS 2020「International Microwave Symposium 2020」で発表する。

■要点

・従来の4分の1以下の消費電力で次世代300GHz帯無線トランシーバを実現

・提案したミキサ回路によりは低コスト化・省面積化・省電力化を達成

・スマートフォン等のモバイル機器に搭載可能

1.開発の背景

2020年3月に国内で5Gのサービスが開始された。その一方で、早くも5Gの次の世代の無線通信に関する研究が活発に行われている。より高速・大容量な無線通信を実現するために、5Gにおけるミリ波帯よりもさらに10倍以上高い周波数帯である300GHz帯の利用が期待されている。

5Gでは一般に28GHz帯の周波数を用いることで最大10Gbpsの通信速度を実現可能である。そこからさらに周波数を上げ300GHz帯を用いることにより、利用できる通信帯域幅を増やし、最大で300Gbpsを超えるような無線通信も夢ではなくなってきた。300GHz帯無線機の早期実用化に向け、小型・低コスト化、そして将来モバイル端末にも搭載できるような省電力化技術が強く求められている。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538661_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

135件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World