メニューを閉じる
2020年9月29日(火)
9432 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【通信事業最大手】持ち株会社。傘下に東西地域会社やドコモなど。

現在値(15:00):
2,230.5
前日比:
-65.5(-2.85%)

NTT、遠隔操作型分身ロボットを活用した障がい者による受付業務を本格導入

2020/7/1 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年7月1日

遠隔操作型分身ロボット「OriHime-D」を活用した障がい者による受付業務の本格導入について

~障がい者の社会参画促進、およびリモートワールドに対応した業務を推進~

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下「NTT」)は、2020年2月より実施していた、遠隔操作型の分身ロボット「OriHime-D」(※1)を活用した、障がい者による受付業務のトライアル(※2)を経て、2020年7月1日より分身ロボットによる受付業務の本格導入を開始します。

トライアル期間においては、技術面・運用面における検証を実施し、問題なく業務を遂行できる実効性を確認しました。その後、本格導入に向けて、トライアル期間中に「OriHime-D」の遠隔操作者(パイロット)を務め、遠隔地から受付業務を担当していた外出困難な障がい者2名(※3)を雇用するに至ったため、このたび分身ロボットによる受付業務を定常的に実施することにしました。

本取り組みにより、リモート社会に対応しながら、障がい者の方の社会参画促進への貢献が可能となります。NTTグループは、今後も、障がい者を含む社員の「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進に取り組み、企業価値の更なる向上をめざしてまいります。

1.背景

これまで、外出が困難な体に障がいのある方が、就職することは難しく、社会に参画することは困難でした。また、新型コロナウイルス感染拡大により、多くの方と対応する受付業務においては、感染リスクが高まるという課題があります。そこでNTTは、遠隔操作型の分身ロボット「OriHime-D」を活用し、障がい者の方が遠隔で受付業務を行うことで、障がい者の社会貢献機会の拡大、および受付業務による感染リスク減少を実現できないかと考え、トライアルを実施してきました。

トライアルでは、延べ37日間(営業日)で84組の受付業務を行い、分身ロボットを通じた受付業務が滞りなく実施できることを実証できたことから、パイロットを雇用の上、定常的に遠隔での受付業務を開始するに至りました。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0536977_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

137件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World