メニューを閉じる
2020年11月25日(水)
9432 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【通信事業最大手】持ち株会社。傘下に東西地域会社やドコモなど。

現在値(15:00):
2,487.0
前日比:
+25.5(+1.04%)

NTTグループ、インディアナポリス・モータースピードウェイでファンの観戦体験と会場の安全性を向上

2020/5/13 18:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年5月13日

NTTグループ、インディアナポリス・モータースピードウェイでファンの観戦体験と会場の安全性を向上

インディアナポリス発、2020年5月13日

NTTグループ(日本電信電話株式会社、株式会社NTTデータ、NTTコムウェア株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、NTT Ltd.)は、2020年8月23日開催予定(※1)の第104回インディアナポリス500(インディ500)において、NTTグループのスマート化技術を活用することで、ファンの観戦体験をよりよいものとし、また会場の安全性を向上させることにより、会場となるインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)の価値向上を実現します。

NTTグループはスマート化技術を活用して、IMSのランドマークである「パゴダ」に、幅約30メートルのメディアウォール(大型スクリーン)を設置し、各種センサーから集められたデータに基づくレース情報をファンにリアルタイムで提供します。今回初めて導入される視認性の高いメディアウォールは、3つのスクリーンにビジュアル化された多様なデータ、様々な視点でのライブ映像を表示することで、ファンの注目を集めます。例えば、NTTグループのAIを活用したスマート化技術により、メディアウォール上でコースにおける車両の現在位置を把握したり、次の動きを予測することが可能になります。また、リアルタイムで検知したコースでの接戦の模様をスクリーンに表示、さらにはピット予測、トップスピードなどもあわせて表示することが可能です。

IMSを所有するPenske Entertainment Corporationのプレジデント兼CEO、マーク・マイルズ氏は、「インディ500のためにIMSを訪れたファンの皆様は、レースの聖地において世界に類を見ない斬新な体験で迎え入れられることでしょう。スポーツの未来は、ファンの体験、安全性、利便性を向上させるために最新技術を活用できるかどうかにかかっています。NTTは、伝統と革新を融合し、進化し続けてきた私たちの精神を守り、さらに発展させるための新しくエキサイティングな手法を私たちに提供してくれます。」と述べています。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0533915_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

133件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World