メニューを閉じる
2020年12月5日(土)
9432 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【通信事業最大手】持ち株会社。傘下に東西地域会社やドコモなど。

現在値(15:00):
2,555.5
前日比:
+20.5(+0.81%)

NTT、IOWN構想実現に向け具体的な技術ロードマップの策定と技術開発の推進を発表

2020/4/16 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年4月16日

IOWN構想の実現に向けた技術開発ロードマップ

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下「NTT」)は、IOWN構想(アイオン:Innovative Optical&Wireless Network)の実現に向けて、具体的な技術ロードマップを策定し、技術開発を推進してまいります。IOWNを構成する主要技術について、2021年よりリファレンス方式を順次実現し、IOWN Global Forum,Inc.(以下「IOWN GF」)での検討を加速させるとともに、パートナー企業との有効性検証を早期に実施してまいります。

1.NTTの取り組みと開発ロードマップ

IOWN GFホワイトペーパー(※1)で示された4つのTechnical Directionsに関連して、下記の技術開発に取り組みます。図1に技術開発ロードマップを示します。(西暦はリファレンス方式の実現時期)

※1 https://iowngf.org/white_papers/innovative-optical-and-wireless-network-global-forum-vision-2030-and-technical-directions/

(1)大容量低遅延データ通信方式(Layer4/Layer3(※2)に該当する通信方式の高速化:2021年、光/無線アクセス大容量化:2023年)

オールフォトニクス・ネットワークの大容量性を最大限に活かすため、パケット伝搬遅延による最大可能データ転送レートの低下を軽減しながら、従来のTCP/IP方式と比べて大容量データの転送時間を大幅に短縮する高速Layer4/Layer3通信方式を開発します。また、これによる通信量のさらなる増大に対応するための光や無線アクセスの大容量化方式の開発にも取り組みます。

※2 ISO(International Organization for Standardization「国際標準化機構」) OSI参照モデルのトランスポート層(Layer4)とネットワーク層(Layer3)

(2)データセントリック型ICTインフラの実現(2021年)

コグニティブ・ファンデーションの構成要素ひとつとして、センサノードやAI分析ノードなどのノードの間の大容量データの交換・共有を低遅延に、効率的に実現するコグニティブファウンデーションデータハブ(以下「CFデータハブ」)を開発します。また、このデータハブを中心として多種多様なネットワーク、コンピューティング手段を連携させるデータセントリックアーキテクチャを推進していきます。詳細は2(1)をご参照ください。

(3)多地点、超高速、低遅延クラウドコンピューティングの実現(2021年)

複数のデータセンタがシームレスにまたがったクラウドコンピューティングインフラを実現するため、オールフォトニクス・ネットワーク上の通信の高速性、低遅延性を活かした高速分散コンピューティング方式を開発します。

(4)ICTインフラにおけるエネルギー効率の飛躍的向上(2023年)

コンピューティングのモジュール間、パッケージ間、チップ間のデータ伝送を段階的にこれまでの電気ベースから光ベースへと置き換えながらデータ伝送の経路を簡略化することにより大幅なエネルギー効率の向上を実現するフォトニックディスアグリゲーテッドコンピューティング技術を開発します。詳細は2(2)をご参照ください。

*図1は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0533061_01.gif

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0533061_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

131件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World