メニューを閉じる
2020年11月27日(金)
9432 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【通信事業最大手】持ち株会社。傘下に東西地域会社やドコモなど。

現在値(15:00):
2,520.5
前日比:
+20.0(+0.80%)

NTTアドとKaizen Platform、合弁会社「DX Catalyst」を設立

2020/4/1 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年4月1日

NTTアドとKaizen Platformが資本提携を強化し、合弁会社を新たに設立

~5G時代の本格到来に向け、NTTアドがNTTドコモ・ベンチャーズのKaizen Platform株式を譲受け、動画を中心としたDXプランニング領域を強化~

株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長谷部 敏治、以下NTTアド)と株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)は、NTTグループ内外のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援の強化を図ることを目的として、UX(ユーザーエクスペリエンス)を軸としたとしたDXプランニング、DXコンサルティングを行う新会社「株式会社DX Catalyst」(以下DX Catalyst)を2020年4月1日に設立しました。また、NTTアドは、協創ビジネスの拡大を目的として、Kaizen Platformの既存株主である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之、以下 NDV)からの譲受により、Kaizen Platformの株式を2020年4月1日に追加取得し、両社間における資本・業務提携をより一層強化してまいります。

NTTグループとして、5G時代のマーケティングテックの変化やマーケットニーズの変化が生む社会課題に先行して取り組んでいくために、NTTアドにおいては、本年1月にNTTグループ各社等との共同出資でeスポーツ分野における新会社(株式会社NTT e-Sports)を設立、4月に原宿でオープン予定の商業施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」内においてサイネージや街アプリと連携した新たなショールーミングスペースを開設するなど、動画コンテンツやモバイルアプリ、デジタルサイネージ等を活用した街づくり×ICTマーケティングの具現化・ビジネス創出に向けた取組を強化しておりました。今回、動画の活用やWebサイト改善等のソリューションに基づくUX設計において国内でも有数の実績を持つKaizen Platformと戦略的な提携を深め、更にそれを加速させます。

Kaizen Platformは、企業の事業に合わせた最適なDXを支援するクラウドプラットフォームサービス「Kaizen Platform」と、動画クリエイティブの改善から顧客体験の改善までをサポートする5G時代の新しい動画クリエイティブプラットフォーム「Kaizen Ad」を提供しています。5Gの実用化に伴い、企業のDXを迫る流れが加速していくこと見据え、DX支援事業を立ち上げ、先進的な取り組みにチャレンジしてきました。それらの事業を通じて得られた大企業をはじめとした豊富な実績とノウハウを元に、DX人材やリテラシー不足の課題に向けたさらなる事業展開を行っております。

NDVは、NTTグループ全体のスタートアップ・ベンチャーコミュニティの窓口として、国内外のスタートアップの発掘、事業シナジーの創出、運用ファンドを通じた出資を行っております。そのなかで、Webサイト最適化ツールや高度なUI改善スキルを持つグロースハッカーを有するKaizen PlatformとNTTグループとの将来的な協業可能性を見据え、2016年1月に出資しておりましたが、このたび、NTTグループ企業であるNTTアドとの協業をさらに強化するため、NDVが取得していた株式を譲渡することとしました。

NTTアドとKaizen Platformは、昨年1月の業務・資本提携以来、共同でNTTグループのWebサイトにおける商品・サービス紹介の動画化、各種パンフレットや顧客説明ツール等既存コンテンツのデジタル化・動画化など、5Gを見据えて動画を中心としたマーケティングソリューションの提供に取り組んでまいりました。今回の資本提携の強化、および合弁会社設立を通じて、両社の強みを掛け合わせたパートナーシップをより一層強化してまいります。ユーザーの関心や趣向に合わせてパーソナライズされたコンテンツの提供や、動画を通じた新しい顧客体験の創出など、5Gによる変化に最適化されたUXの提供を軸としたDX支援を強化し、事業成長への貢献を目指します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0532253_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

134件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World