メニューを閉じる
2021年5月11日(火)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(13:02):
3,704
前日比:
-26(-0.70%)

塩野義製薬と武田薬品、注意欠陥/多動性障害治療剤「ビバンセカプセル 20mg・30mg」を発売

2019/12/3 12:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年12月3日

注意欠陥/多動性障害治療剤「ビバンセ(R)カプセル 20mg・30mg」新発売のお知らせ

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木功、以下「塩野義製薬」)および、武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長CEO:クリストフ・ウェバー、以下「武田薬品」)は、注意欠陥/多動性障害治療剤「ビバンセ(R)」(一般名:リスデキサンフェタミンメシル酸塩)を小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD)を効能効果として、本日、新発売したことをお知らせいたします。

ビバンセ(R)は、2011年11月18日に塩野義製薬とShire plc(以下、「シャイアー社」)の子会社であるShireInternational GmbH との間で締結しました日本国内における共同開発・商業化に関するライセンス契約に基づき、開発が進められてきました。武田薬品のシャイアー社買収に伴い、武田薬品と塩野義製薬がプロモーション提携を行います。

本剤は、1日1回投与のドパミン/ノルアドレナリン遊離促進・再取り込み阻害薬であり、プロドラッグテクノロジーを用いることにより、投与後に体内で徐々に活性体に変換され、活性体の急激な血中濃度上昇を抑制するとともに、その血中濃度を持続的に維持することを目的とした製剤です。

なお、本剤の製造販売承認にあたっては、AD/HDの診断・治療に精通した医師によって適切な患者さまに対してのみ処方されるとともに、薬物依存を含む本剤のリスク等について十分に管理できる医療機関および薬局においてのみ取り扱われるよう、必要な措置を講じることなどの承認条件が付されております。そのため両社は、各種登録や本剤の流通に関し一元管理する適正流通管理システムを構築し、有識者で構成する適正流通管理委員会に適宜諮問をしながら、本剤の適正使用を進めて参ります。

<ビバンセ(R)カプセルの概要>

※添付の関連資料を参照

<注意事項>

本文書に記載されている医薬品の情報は、両社の経営情報の開示を目的とするものであり、開発中のものを含むいかなる医薬品の宣伝、広告を目的とするものではありません。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<ビバンセ(R)カプセルの概要>

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524571_01.png

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

22件中 1 - 22件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World