メニューを閉じる
2019年11月22日(金)
6702 : 総合電機
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【ITシステムに軸足】官公庁、金融向け強い。通信インフラも手掛ける。

現在値(15:00):
9,944
前日比:
-71(-0.71%)

富士通、事業者向けストリームデータ処理基盤「Stream Data Utilizer」を提供開始

2019/10/8 12:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月8日

自動車ビッグデータの活用を加速するストリームデータ処理基盤

「Stream Data Utilizer」を提供開始

当社は、コネクテッドカーから収集される自動車ビッグデータを活用してサービスを提供する事業者向けにストリームデータ処理基盤「FUJITSU Future Mobility Accelerator Stream Data Utilizer」(以下、「Stream Data Utilizer」、ストリームデータユーティライザー)を10月8日より提供開始します。

「Stream Data Utilizer」は、株式会社富士通研究所(注1)が開発した、データ処理を継続しながら処理内容の追加・変更を実行できるストリームデータ処理技術「Dracena(ドラセナ)」を実装し、簡単かつ効率的な自動車ビッグデータの分析を支援する基盤です。実世界で刻々と変化し続ける、歩行者や車両・道路・建物といったヒトやモノを単位にオブジェクトとしてデータ管理し、オブジェクト毎にデータを処理できるため、車両を含む周囲の状況の出来事をデジタル世界上に再現することが可能です。また、継続的なデータ処理ができるため、コネクテッドカーへの危険情報予測のリアルタイムな配信など、無停止運用が求められる様々なサービスを柔軟に追加、変更することが可能です。当社は今後、北米や欧州地域へもグローバルに展開する予定です。

■背景

モビリティ産業は、100年に一度の変革期を迎えています。2020年以降、コネクテッドカーは爆発的に増え続け、走るセンサーである車両から集まった画像やCAN(注2)データといった自動車ビッグデータは、自動車の開発のほか、交通監視や地図、保険といった様々なモビリティサービスへ活用の広がりを見せると期待されています。

一方で、これらの自動車ビッグデータを分析するためのシステムは、提供するサービスごとにサイロ化し、開発機能やシステムリソースが重複しており、各種サービスを柔軟に効率良く実現できるシステムが必要となっています。

そうした中で、当社は、実世界で刻々と変化し続ける車両や道路などの情報を、デジタル世界上にリアルタイムに再現することをコンセプトにしたモビリティデジタルツインを提唱・推進しています。このモビリティデジタルツイン実現に向け、このたび「Stream Data Utilizer」の提供を開始し、自動車ビッグデータを活用した様々なサービス創出を支援し、安全・安心・快適なモビリティ社会の実現に貢献していきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520859_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

254件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World