メニューを閉じる
2019年10月20日(日)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
7,368
前日比:
-15(-0.20%)

トヨタ、本社工場にMIRAI用FCシステムを活用した定置式FC発電機を導入

2019/9/18 13:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月18日

トヨタ自動車、本社工場に、MIRAI用FCシステムを活用した定置式FC発電機を導入

-実証運転を開始し、オフィスや工場など商用用途での実用性を検証-

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、燃料電池自動車(FCV)MIRAIに搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機(以下、FC発電機)を開発し、愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置して、このほど実証運転を開始しました。

今回導入したFC発電機は、MIRAIに搭載されているFC スタック、パワーコントロールユニット(PCU)、2次電池などのFCシステムをそれぞれ2セット使用しています。この発電機は、MIRAIのFCシステムを活用することにより高性能で安価な機器の製造を目指して、トヨタと株式会社トヨタエナジーソリューションズが共同で開発したものです。

今回の実証では、本発電機で発電した電力を本社工場内で利用するため、定格出力を100kWとして毎日、24時間連続で運転し、水素使用量当たりの発電量などのエネルギー効率、発電出力の安定性、耐久性、メンテナンス性等の検証・評価を行います。

今後は、今回の実証結果を踏まえ、工場での自家発電設備としてFC発電機の導入を拡大するとともに、燃料となる水素は、FC関連部品の製造工程、評価・試験工程から排出される水素を再利用することにより、水素の効率的な活用技術の開発と導入を進めていく予定です。こうして、2015年に発表した「トヨタ環境チャレンジ 2050」の一つである「工場 CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けて、製造段階でのCO2排出量低減に着実に取り組んでいきます。

さらに、トヨタは、FCV開発で培ったFCシステムの活用拡大の一環として、FC発電機の実用化を視野に、エネルギー効率や耐久性向上・コンパクト化・コスト低減等の商品力強化に向けた研究・開発とビジネスモデルの検討を進めていく予定です。

【FC 発電機の基本スペック】

・横幅×長さ×高さ: 2.3×4.5×2.5m

・MIRAIから流用した主なFCシステム: FCスタック、PCU、2次電池、エアーコンプレッサー

・定格出力: 100kW

・発電効率(送電端): 50%以上(目標)

・定格電圧/相数/周波数: AC210V/三相三線/50/60Hz

・燃料電池の種類: 固体高分子形

・水素純度: 純水素(99.97%)

・起動時間: 40秒(定格出力到達時間)

※参考画像は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519363_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519363_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

290件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World