メニューを閉じる
2021年1月18日(月)
6301 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【建機国内最大手】世界に営業網。産業機械、鉱山機械も収益源。

現在値(15:00):
3,007
前日比:
-8(-0.27%)

コマツ、BHP社豪サウス・フランク鉄鉱山へ41台の超大型ダンプトラック930E-5を導入

2019/9/5 13:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月5日

BHP社サウス・フランク鉄鉱山(西オーストラリア ピルバラ地区)へ41台の超大型ダンプトラック930E-5を導入

コマツ(社長:小川啓之)は、豪英資源大手BHP社のサウス・フランク鉄鉱山(西オーストラリア ピルバラ地区)向けに、超大型ダンプトラックの最新モデルであり、無人ダンプトラック運航システム(Autonomous Haulage System以下AHS)を後付け可能な930E-5を計41台導入し、2019年10月より順次稼働を開始します。

コマツのAHSダンプトラックは、現在世界3カ国 9鉱山で稼働しており、累計稼働台数は180台、総運搬量は20億トンを達成しました。最近ではLTE(Long-Term Evolution)モバイルブロードバンド技術によるオペレーションも一部鉱山で開始しています。また本年4月に米国アリゾナ州に新設したAHSを専門に取り扱う組織「AHS Center of Excellence」より、お客様へのイノベーション、トレーニングやサポートを提供していきます。またサウス・フランク鉄鉱山で稼働するダンプトラックやAHSを現地にてサポートするため、コマツオーストラリア(株)を通じて西豪州でサポート人員の雇用を創出します。

コマツは、2019年4月より3カ年の中期経営計画(2019-2021年度)「DANTOTSU Value-FORWARD Together for Sustainable Growth」をスタートし、安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場をお客様と共に実現することを目指しています。今回の超大型ダンプトラックの導入により、テクノロジー主導による雇用創出とともに、鉱山のお客様の安全性・生産性の向上およびオペレーションの最適化により一層貢献していきます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

※ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518438_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518438_02.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World