メニューを閉じる
2020年1月22日(水)
1925 : 不動産・住宅
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【住宅大手】商業建築やホテル、ホームセンターなども手掛ける。

現在値(11:30):
3,535
前日比:
+34(+0.97%)

大和ハウスと三協立山、共同開発の植物工場システム「agri-cube ID(アグリキューブ・アイディー)」を発売

2019/8/20 14:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月20日

■植物工場の「建設」から「栽培・運営サポート」までワンストップサービスを提供

植物工場システム「agri-cube ID(アグリキューブ・アイディー)」発売

大和ハウス工業株式会社・三協立山株式会社の共同開発~

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と三協立山株式会社(本社:富山県高岡市、社長:山下清胤、以下「三協立山」)は、"農業の工業化"を推進するため、オーダーメイドで工場や倉庫などに設置可能で、事業化への対応も見据えた植物工場システム「agri-cube ID(アグリキューブ・アイディー)」(※1)を共同開発しました。同システムは、大和ハウス工業が2019年10月1日より全国販売を開始します。

※1.IDはIndustrial Designの略

*参考画像(1)は添付の関連資料を参照

●植物工場システム「agri-cube ID」の特長

1.お客さまの多様な事業計画に対応

2.「フリルレタス」が最短32日間で促成栽培可能なオリジナル技術

3.安心の栽培サポートプログラム

*参考画像(2)は添付の関連資料を参照

●開発背景

国内の農業分野では、異常気象による農作物の安定供給の課題や農業就業人口の減少、農業従事者の高齢化、後継者不足など様々な課題を抱えており、近年は次世代の農業の在り方として、天候・季節・地域に左右されずに、誰でも簡単に農業に従事できる、新たな農業のカタチを実現する「植物工場」が期待されています。

大和ハウス工業は2012年より独自開発した小型の植物工場ユニット「agri-cube E」「agri-cube S」を発売。その後、大規模植物工場への事業化ニーズの高まりを受け、2011年から植物工場の研究を行っていた三協立山と、2017年4月より大量生産できる大規模植物工場をテーマとした共同開発を開始しました。2018年4月、両社は販売に関する業務提携契約を締結、このたび2019年10月1日より大和ハウス工業が販売することとなりました。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516997_01.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516997_02.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516997_04.pdf

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

96件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World