メニューを閉じる
2019年11月14日(木)
2440 : インターネットサイト運営
東証1部

【飲食店情報サイト】飲食店からの課金収入が主な収益源。

現在値(15:00):
993
前日比:
+2(+0.20%)

南海電鉄・JR西日本・阪急阪神HD・ぐるなびなど、「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」開始

2019/7/24 14:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月24日

年間利用者数3,500万人!日本最大級の訪日外国人向け観光情報サービスの関西版がスタート

「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」

2019年7月24日(水)グランドオープン

事務局6社・団体が力を合わせて関西の魅力を訪日外国人へ発信

※ロゴは添付の関連資料を参照

一般財団法人 関西観光本部(大阪市北区、理事長:松本正義)、大阪市高速電気軌道株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:河井英明)、南海電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役兼CEO 社長:遠北光彦)、西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:来島達夫)、阪急阪神ホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:杉山健博)、株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)の6社・団体は、事務局としてそれぞれが持つ資源やネットワークを活用・連携して、関西の魅力を訪日外国人向けに発信する訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」を2019年7月24日にグランドオープンしました。(URL: https://livejapan.com/ja/in-kansai/

訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE」(以下、「LIVE JAPAN」)は、観光情報や飲食店情報をはじめ交通案内など、日本の旅に役立つ様々な情報をワンストップで提供するWEBサービスです。2016年4月の東京版オープンから3年で、年間利用者数3,500万人を誇る日本最大級の訪日外国人向け観光情報サービスに成長し、東京版、北海道版に続き、この度西日本では初となる第3弾として関西版をオープンしました。国際的なスポーツイベントや大阪・関西万博の開催、そして「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録が決まり、更なるインバウンドの発展が期待される関西エリア。一方で、訪日外国人の来訪・宿泊の大阪市と京都市への二極集中という課題も抱えています。「LIVE JAPAN」はこれまで東京版、北海道版で蓄積したノウハウを活かし、他エリアの魅力も積極的に発信していくことで関西広域への周遊を促します。

LIVE JAPAN」には、日本の文化や観光情報を国別ユーザーの嗜好に合わせて記事や動画で配信する「情報コンテンツ」、正確で詳細な今の情報を多言語で配信する「LIVE情報」、日本滞在中に役立つ様々な「便利機能」の3つの特徴があります。さらに今回「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」のオープンにあわせて、「便利機能」のひとつである「災害情報一元化サイト」に、災害発生時には掲載施設自らが登録可能な災害支援情報を多言語で発信できる新機能「災害情報タイムライン」を追加しました。これらの特徴を活かして、旅を豊かにする基本情報に加え、自然や食、文化、ショッピングなど関西ならではの魅力を発信すると共に、訪日外国人の方々が安全・安心に旅を楽しめる環境を整えます。

「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」事務局は現在の6社・団体に加え、今後も本事業に賛同いただいた関西の企業などを応援パートナーとして迎え入れてまいります。事務局および応援パートナーが力を合わせて利便性の高いサービスの提供に努め、一人でも多くの訪日外国人に関西の魅力を発信していくことで、2020年に訪日外国人1,800万人という目標を掲げる関西の観光振興に貢献していきます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

※関連リリースは添付資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515155_01.png

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515155_02.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515155_03.pdf

関連リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515155_04.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

20件中 1 - 20件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World