メニューを閉じる
2021年1月17日(日)
6301 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【建機国内最大手】世界に営業網。産業機械、鉱山機械も収益源。

現在値(15:00):
3,015
前日比:
-5(-0.17%)

コマツ子会社、FFT解析を搭載した熱電EH振動センサデバイスを発表

2019/7/11 18:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月11日

KELK、世界初FFT解析を搭載した熱電EH振動センサデバイスを発表

コマツ(社長:小川啓之)の100%出資子会社である株式会社KELK(社長:斉藤雅美、本社:神奈川県平塚市、以下「KELK」)は、従来のKELGEN SD(※1)製品に加え、新たに2種類の熱電発電関連製品を本年10月より販売することを発表しました。

新製品は、モータやギヤなどの回転機器に設置するだけでその熱で発電し、振動をセンシングし、データを無線送信する熱電EH(※2)振動センサデバイス「KSGD-SV3」(以下、KSGD-SV3)、KELGEN SDを無線でつなぐ通信機器「KELGEN SD-Net」(以下、KELGEN SD-Net)の2種類です。

世界初FFT(※3)解析を搭載した「電池レスx配線レス」のKSGD-SV3は、振動センサデバイスの設置工事費を低減できるほか、短時間での設置・増設が可能なため、工場や設備のレイアウト変更に柔軟に対応できます。さらに電池交換が不要でメンテナンスフリーです。また、KELGEN SD-Netは親機1台でKELGEN SDと中継機を合わせた最大200台を無線でつなぐことが可能です。KSGD-SV3とKELGEN SD-Netは、CBM(予知保全)(※4)の導入コストと運用コストを大幅に低減し、適切なタイミングでの設備保全を実現します。予知保全による設備保全の高度化を加速させることでお客様の生産現場における生産性向上および日常点検の自動化に貢献します。

KELKでは、配線、電源、メンテナンスが不要で、後付けすることもできるKELGEN SDと、センサデバイスのネットワークを無線で構築するKELGEN SD-Netを自社工場へ設置し、設備機器の「見える化」と、予知保全への活用の評価を開始しています。

KELKは、1966年の設立から今日まで長年培ってきた熱電変換技術を核に、排熱を電気に変える革新的な製品の開発、導入を進めています。今後も、熱電変換技術の様々な分野への活用を通じて温室効果ガスの削減、省エネルギー社会やスマート社会の構築に貢献していきます。

なお、これら2種類の新製品は、本年7月24日より東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される、工場設備の維持管理・保全技術を対象にした国内唯一の専門展示会である「プラントメンテナンスショー」で展示を予定しています。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514312_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World