メニューを閉じる
2019年9月21日(土)
8439 : リース・レンタル
東証1部
JPX日経400採用

【リース大手】みずほFG系。伊藤忠商事など母体。情報機器主力。

現在値(15:00):
5,230
前日比:
+50(+0.97%)

伊藤忠商事、伊藤忠建機の発行済み株式の50%を東京センチュリーに譲渡することで合意

2019/5/8 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月8日

伊藤忠建機株式会社の株式譲渡に関するお知らせ

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)と東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅田俊一、以下「東京センチュリー」)は、伊藤忠商事の100%子会社である伊藤忠建機株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横山重樹、以下「伊藤忠建機」)の発行済み株式の50%を、東京センチュリーに譲渡することで合意いたしましたので、お知らせいたします。なお、本件株式譲渡に関しては、公正取引委員会の企業結合審査の完了および企業結合審査が必要なその他各法域における審査の完了等が前提となります。

伊藤忠建機は、伊藤忠グループの国内建設機械販売専門商社として、建機ユーザーの多様なニーズに応えるべく、超大型建機をはじめ、国内外の様々な建機・資材等の販売・レンタル事業に携わってまいりました。東京センチュリーは、伊藤忠商事の持分法適用関連会社で、近年は金融事業のみならず、サービスや事業性ビジネスを積極的に推進しています。東京センチュリーが持つITソリューションやサブスクリプションプラットフォームと、伊藤忠建機が長年の事業を通じて築いてきた顧客基盤を掛け合わせることで、建機ユーザーの課題やニーズに対して、先進的なサービスの提供が可能となります。

昨今の国内建設業界においては、建設現場へのICT建機の導入、ITツールを活用した施工管理の効率化等、最新テクノロジーの活用による現場の生産性向上に向けた様々な取り組みが行われております。この様な市場の動きに積極的かつ迅速に対応するべく、伊藤忠建機では今後、新分野への投資の促進と、EC事業等の取り組みを通じて、建機ユーザーの生産性向上をサポートするサービスを提供していく考えです。

伊藤忠建機は、伊藤忠商事と東京センチュリーが持つ多彩なサービス機能ならびに国内外の広範なネットワークを活用し、建機ユーザーの事業ライフサイクル(購入~使用~売却)において、販売・レンタルのみならず、ソフトウェアやサービス、ファイナンス等のあらゆるニーズにワンストップで対応する次世代型総合ソリューション企業を目指してまいります。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

14件中 1 - 14件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World