メニューを閉じる
2019年8月20日(火)
9474 : マスメディア
東証1部(優先)

【住宅地図最大手】カーナビ向け電子地図データ販売が主力。

現在値(12:57):
1,867
前日比:
+8(+0.43%)

ゼンリン、新中長期経営計画(2020年3月期~2025年3月期)を策定

2019/4/26 17:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月26日

新中長期経営計画(2020 年3 月期~2025 年3 月期)の策定について

株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、社長:高山善司、以下「ゼンリン」)は、2015-2019 年度中長期経営計画「ZENRIN GROWTH PLAN 2020(以下、ZGP2020)」を改編し、2019 年4 月からスタートする新たな中長期経営計画「ZENRIN GROWTH PLAN 2025(以下、ZGP25)」(2020 年3 月期~2025 年3 月期)を策定しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 前中長期経営計画「ZGP2020」の経過

2020 年3 月期を最終年度とする「ZGP2020」では、『「モノ」から「コト」への転換』をテーマに、3つの基本構成を掲げ、(1)「利用シーンを創造した用途開発による収益拡大」、(2)「QCDDSを追求した時空間情報システムの安定運用」、(3)「生産性改革の実現による固定費率の低減」に取り組んでまいりました。

計画期間中、用途開発による新商品の市場投入や、グループシナジーによる新たな事業の立ち上げなど、取り組みの一部に遅れが生じておりますが、既存ビジネスのシェア拡大やストック型サービスの売上が堅調であったことなどから、最終年度を残した4年目までの業績は予定通り進捗しています。

(ZGP2020 における主な成果と課題)

・用途開発に取り組み、GIS パッケージなどストック型サービスによる売上は堅調に推移しておりますが、その他新商品やグループリソースを活用したマーケティングソリューション事業の立ち上げなど、市場投入のスピードが不足したため、事業化・収益化に至った商品・サービスは限定的となりました。

・既存のカーナビゲーション用データのシェア拡大や住宅地図データ採用による増収に加え、地図データベース整備の効率化を進めたことで、固定費率低減に一定の成果がありました。

・ZGP2020 に含めていなかった、安全運転支援システム(ADAS)やドローン等の先行開発の一部が収益化するなど、新たな事業分野における先行開発は着々と進行しています。

・一方で、外部環境の変化のスピードは速く、オートモーティブ事業やIoT 事業における新たな時空間情報の提供やビジネスモデルの変革が求められています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508814_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

25件中 1 - 25件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World