メニューを閉じる
2019年7月20日(土)
1820 : 建設・土木
東証1部
JPX日経400採用

【総合建設準大手】財務健全で土木に強み。戸田建設と業務提携。

現在値(15:00):
2,081
前日比:
+28(+1.36%)

西松建設、シールドトンネルのセグメント管理システムを開発

2019/4/24 10:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月24日

シールドトンネルのセグメント管理システムを開発

-文字認識読取技術(OCR)の活用による資材運搬・管理業務の省人化、効率化を実現-

西松建設株式会社(社長:高瀬伸利)は、シールド工事における施工の省人化・効率化を図るために、セグメントピースに印字されている製造番号を文字認識読取技術(OCR)で読取るセグメント管理システムを開発し、横浜湘南道路トンネル工事(国土交通省関東地方整備局発注)に導入しました。

このシステムは、セグメントピースに関する一連の管理業務(受入れ、検査、仮置き、坑内搬送、組み立て)を簡素化するとともに、トレーサビリティの向上も目指し開発した技術です。

なお、このシステムは、国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に選定されました。

■背景

近年の大規模シールド工事では、掘進の高速化が求められています。それに伴って、時間あたりのセグメントピースの取扱量が膨大で、且つ、取外しが不可能な嵌合により組み立てるワンパス型のセグメントを使用するケースが多くなっています。また、取扱うセグメントピースの種類も様々(導入現場では約100種類)で、搬入順序を間違うことなく切羽に供給する必要があります。

従来は、現場でのセグメントピース管理は紙や口頭で行われ、確認や管理に時間と労力を要していました。一方、昨今ではICタグやQRコードなどを用いて、対象とする資材の情報をデジタル化して、これをマーカーとする管理システムがあり、施工時及び維持管理でのトレーサビリティ確保に活用されつつあります。しかし、新たに全てのセグメントピースに対してマーカーの貼付けが求められるため、その分で作業効率の向上を相殺してしまい不経済といった課題がありました。

■セグメント管理システムの概要

本システムは、新たなマーキングに頼らず、各セグメントピースに印字されている製造番号をOCRでデジタル化(写真-1)し、各セグメントピースの仮置き場所や組み立て順序・位置などの情報を紐付けし、受入れから組み立てまでの一連の施工の各場面において、クラウド上の専用アプリで情報を閲覧し管理していくシステムです(図-1)。作業プロセスに従って作業状況が記録されるので、リアルタイムに作業進捗、在庫状況の把握と共有が可能です。作業に必要な情報を信頼性高く提供することで省人化と効率化を図ります。例えば、受入管理では、これまで2名で遂行していましたが、システムを運用することで、1名で管理が可能となります。データをクラウド上で管理しているので、施工者、発注者の両面で、現場状況を誰でも、いつでも、どこでも見える化が図り易くなります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508426_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World