メニューを閉じる
2019年10月23日(水)
2931 : バイオ・医薬品関連
東証1部

【ミドリムシ栽培】健康食品と化粧品主力。ジェット燃料は開発中。

現在値(15:00):
868
前日比:
+17(+2.00%)

ユーグレナなど、ASC-MSC海藻(藻類)認証を微細藻類ユーグレナとクロレラが取得

2019/1/23 10:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月23日

世界初となるASC-MSC海藻(藻類)認証を微細藻類ユーグレナとクロレラが取得

~藻類で初めて、国連が定めた世界共通目標「SDGs」に貢献する食材として認定~

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充、以下、ユーグレナ社)、ユーグレナグループの八重山殖産株式会社(本社:沖縄県石垣市、社長:中野良平、以下八重山殖産)、ASC(水産養殖管理協議会、本社:オランダ・ユトレヒト、代表:クリス・ニネス、以下ASC)とMSC(海洋管理協議会、本社:イギリス・ロンドン、代表:ルパート・ハウズ、以下MSC)は、ユーグレナ社と八重山殖産が沖縄県石垣島で生産する微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下ユーグレナ原料)とヤエヤマクロレラ(以下クロレラ原料)が、2019年1月23日、「ASC-MSC 海藻(藻類)認証」を世界で初めて取得したことをお知らせします。

*参考画像は添付の関連資料を参照

ASC認証は、環境と社会に配慮した責任ある養殖方法で生産された水産物を対象とする国際認証制度で、世界39ヵ国737カ所(2018年12月時点)の養殖場にて同認証が取得されています。MSC認証は、持続可能で環境に配慮した漁業で獲られた水産物を対象とする国際認証制度で、360の漁業にて認証が取得され、認証漁業による水揚げ量は世界の総漁獲量の約1割を占めています(2018年12月時点)。ASC認証とMSC認証は、ともに2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の「持続可能性に配慮した食材(水産物)の調達基準」の1つとして採択されているだけでなく、SDGs(※)(国連の持続可能な開発目標)の達成に貢献していることも注目され、世界の国々の間で年々認証取得件数が増加しています。

これまで、ASC認証の対象は養殖水産物のなかでも一部の魚・貝・エビのみ、MSC認証の対象は天然の魚介類のみで、ともに海藻は対象外でしたが、2018年3月、ASCとMSCは初の共同策定基準となる「ASC-MSC海藻(藻類)認証」を発効しました。そして、このたびユーグレナ社と­­八重山殖産が生産するユーグレナ原料およびクロレラ原料が、世界で初めて「ASC-MSC 海藻(藻類)認証」を取得しました。なお、本認証の取得は、ユーグレナ社と八重山殖産が2018年4月に内閣府沖縄総合事務局より交付採択を受けた「平成30年度沖縄国際物流拠点活用推進事業補助金」における、沖縄県産クロレラおよびミドリムシの『エコ認証化プロジェクト』の一環です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0500679_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0500679_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

22件中 1 - 22件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World