メニューを閉じる
2019年10月14日(月)
6334 : 製造用機械・電気機械
東証2部

【食品製造プラント大手】製粉、飼料向けが主力。機械販売も。

現在値(15:00):
321
前日比:
-12(-3.60%)

明治機械、子会社の柳原製粉機が石臼製粉機IU-540型を台湾へ海外輸出

2019/1/7 17:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月7日

石臼製粉機IU-540型を台湾への海外輸出について

当社子会社の株式会社柳原製粉機(本社:長野県)は、業務用途として初の海外輸出となる石臼製粉機の台湾出荷を行いました。

今回台湾へ海外輸出した製品は、同社の石臼製粉機IU-540型。大型店舗・製粉工場向けの石臼製粉機で、台湾の菓子・健康食品メーカーである福義軒食品(住所:嘉義縣水上●柳●村柳子林200-35號(◇))向けに出荷しました。

◇「嘉義縣水上●柳●村柳子林」の正式表記は添付の関連資料を参照

IU-540型は、通常、蕎麦の製粉に用いる石臼製粉機ですが、この度の用途は、「キヌア」という穀物の粉砕に使用されます。「キヌア」は、アンデス山脈一帯原産の穀物で、栄養価が高く、近年ではヨーロッパや日本などで健康食品として注目されてきています。石臼による製粉は、粉砕時の熱発生を抑えることができるのが特徴で、蕎麦のように熱により風味が損なわれるおそれのある製粉に好まれます。とくに、石臼製粉機IU-540型は、粉砕時の熱の発生を抑えるために、手回しの時の回転速度に近づけ、また、1回挽きとしているのが特徴で、原料の供給は、1回転毎に落とし場所が変わる二分配ランダム型を標準としています。

同社はこれまで、蕎麦に特化した石臼製粉技術を研究してきましたが、他の食品分野における粉砕についても積極的にその粉砕技術を応用し、明治機械グループは海外事業を積極的に展開してまいります。

※製品画像は添付の関連資料を参照

◆石臼製粉機 IU-540型

・石臼寸法:直径540mm

・能力:40~45kg/8時間(指定篩網使用時)

・寸法:W:800×L:1,600×H:2,525mm

・動力:石臼:0.75kw

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「嘉義縣水上●柳●村柳子林」の正式表記

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499312_01.png

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499312_02.png

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World