メニューを閉じる
2019年9月19日(木)
5110 : 自動車部品
東証1部
JPX日経400採用

【タイヤ世界6位】オーツタイヤを合併。グッドイヤーと提携解消。

現在値(15:00):
1,287
前日比:
+9(+0.70%)

住友ゴム、住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」を策定

2018/11/16 10:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月16日

「持続可能な天然ゴム方針」を策定

~Global Platform for Sustainable Natural Rubber(GPSNR)に参画~

住友ゴム工業(株)は、本年10月25日にシンガポールでWBCSD(※1)(持続可能な開発のための世界経済人会議)のTIP(※2)(タイヤ産業プロジェクト)が、中心となって立ち上げた世界標準の天然ゴムプラットフォームであるGPSNR(※3)の設立に参画するとともに、天然ゴムを持続可能な資源とするため、住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」を策定しました。

当社は、これまでも持続可能な社会の実現に貢献する企業を目指し、さまざまな取り組みを行ってまいりました。中でも主力商品であるタイヤの主原料となる天然ゴムを持続可能な資源とすることは非常に重要な課題です。今後、世界ではモビリティ社会の発展とともにますますのタイヤ需要拡大が予想され、天然ゴムの生産地域における森林破壊による環境問題や労働環境における人権問題などの問題発生が懸念されます。

当社は、2016年10月にIRSG(※4)(国際ゴム研究会)が提唱するSNR-i(※5)(天然ゴムを持続可能な資源とするためのイニシアティブ)に参画し、これまでも自主的な活動に取り組んでまいりました。

さらに今回、GPSNRに参画し策定した「持続可能な天然ゴム方針」に沿って、サプライチェーンをはじめとしたステークホルダーの皆様と積極的に連携した取り組みを推進し、天然ゴムの持続可能な社会の実現を目指し、より一層活動を強化してまいります。

<「持続可能な天然ゴム方針」骨子>

掲載サイト: http://www.srigroup.co.jp/csr/csr/integrity/05_3.html

1.森林破壊ゼロ・環境への配慮(環境負荷低減)

2.人権尊重

3.コンプライアンスの実践

4.透明性とトレーサビリティ(※6)の確保

5.生産性向上(天然ゴムサプライチェーン上流部分のサポート)

6.安全衛生活動の推進

※1:World Business Council for Sustainable Development

※2:Tire Industry Project

※3:Global Platform for Sustainable Natural Rubber

※4:International Rubber Study Group

※5:Sustainable Natural Rubber Initiative

※6:天然ゴムのサプライチェーンの流通経路や原料の起源を明確に追跡すること。

*参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0495912_01.png

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

104件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World