メニューを閉じる
2019年9月19日(木)
4301 : コンテンツ制作・配信
東証1部

【芸能プロダクション】サザンオールスターズなど。ソフト販売も。

現在値(15:00):
2,777
前日比:
+49(+1.80%)

LINE、100%電子チケットサービス「LINEチケット」を開始-検索・購入から当日の入場までをLINE上で完結

2018/10/10 14:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月10日

LINE、100%電子チケットサービス「LINEチケット」を本日より開始

チケットの検索・購入から当日の入場までをLINE上で完結

お客様、興行主ともに適正に運用できる「公式リセール(二次販売)」も併せて提供

2018年内は70アーティスト、約300公演の販売

2019年からは、野球・サッカーなどスポーツチケットも取り扱い開始

LINE TICKET株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する次世代の電子チケットサービス「LINEチケット」を本日オープンしましたので、お知らせいたします。

※参考画像は添付の関連資料を参照

発券できる電子チケットサービスです。購入したチケットは「LINE」で送られてくるので、コンビニエンスストアなど、店舗での購入手続きは不要となっており、当日の入場まで「LINE」ひとつで完結することができます。

また、取り扱いチケットは100%電子チケットとなっており、「急用が入ってしまった」「体調が悪くなってしまった」などの理由で行けなくなってしまったライブやイベントのチケットを安全に販売・購入できる「公式リセール機能(二次販売)」も展開いたします。

近年、ライブ市場では、公演数、入場者数、売上数ともに年々増加傾向(*1)にあり、市場の盛り上がりとあわせて、チケット流通における不正転売や買い占めといった問題の解決が急務となっております。

*1:一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)「ライブ市場調査」より

LINE TICKET株式会社は、取り扱いチケットを100%電子チケットとすることでこのような問題を解決し、エンターテインメント業界全体を活性化させていくことを目指し、2017年9月1日に設立いたしました。(*2)

*2:「LINE TICKET株式会社」設立に関するプレスリリースはこちらをご覧ください:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1855

従来のチケット販売サイトとは異なり、今まで分断されていた「イベント前」「イベント当日」「イベント後」といったそれぞれのタッチポイントをLINEプラットフォームを活用することで一貫し、LINE公式アカウントや「LINE MUSIC」「LINE LIVE」といった各サービスと連携することで新たなエンターテインメント体験を提供していきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492750_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492750_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World