メニューを閉じる
2019年8月18日(日)
8703 : 証券
東証1部

【ネット証券大手】三菱UFJ系。フィンテック分野に注力。

現在値(15:00):
558
前日比:
±0(±0.00%)整理銘柄

カブドットコム証券、kabu.com API基盤刷新にAWSを採用

2018/8/7 13:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月7日

kabu.com API基盤刷新にAWSを採用

~スケーラブルでセキュアなクラウド基盤を採用することで、多様な協業モデルを可能に。次世代のFintechプラットフォームの基盤を提供~

三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)の一員であるカブドットコム証券は、MUFGが掲げる「デジタルトランスフォーメーション戦略」に沿い、2018年8月7日(予定)より、MUFG APIsの一画であるkabu.com APIの基盤を刷新いたします。新しいAPI基盤では、OAuth2.0認証方式によるセキュリティ強化と、また、2012年の提供当時よりkabu.com APIを活用しツール提供を行っていた有力サードパーティ事業者に開発段階より参画いただくことで、ユーザーニーズの洗い出しと、より活用しやすいAPIとなるべく改良を行い、AWS上にスケーラブルなシステム基盤の構築を実現いたしました。

kabu.com APIは、証券システムにおけるバリューチェーンのアンバンドリング化(※)により、Fintechスタートアップをはじめとする様々な事業会社との高度なサービス連携を実現するプラットフォームとして成長して参りました。証券システムのミドル・バックは、RAIDEN?をはじめとする当社のシステム開発・運用のノウハウによる競争力を適用させつつ、フロントレイヤーについては当社にないUI、UX、運用ストラテジーをサービス化し、投資助言業者等の協業によりエンドユーザーに高度な利便性を提供するものとなります。

今後は、kabu.com APIの活用により、UI/UXを得意とする異業種企業との連携で実現する新しい投資サービスの体験の提供や、要求の異なるお客さまそれぞれにあったツール・お客さまファーストのサービス提供を行い、資産運用サービス全体の高付加価値化を目指すことで、次世代の金融システムを創造して参ります。

(※)複数の機能により構成される商品やサービスを個々の要素や機能に分解する取組み

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487252_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World