メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
7512 : 総合小売・食料品小売
東証1部(優先)

【イオングループ】道内各地で大型総合スーパー約40店を展開。

現在値(15:00):
794
前日比:
+4(+0.51%)

イオン北海道、電子マネー「WAON」による路線バス運賃の多区間決済サービスを開始-交通系ICカード以外で全国初

2018/5/11 11:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月11日

電子マネー「WAON」での路線バスの運賃決済サービス初!

路線バスの「WAON」決済サービスを開始

5月21日(月)より十勝バス、くしろバス、今秋より阿寒バスにてスタート

北海道のイオングループ(イオン北海道(株)・マックスバリュ北海道(株))は、さらなるお客さまの利便性向上及び地域の一層の活性化を図るため、5月21日(月)より十勝バス、くしろバスの定額運賃路線にて、今秋より阿寒バスも加わりWAON決済サービスの実証実験を開始し、順次、多区間運賃(※)路線においてもサービスを拡大してまいります。

交通系ICカード以外の電子マネーによる多区間運賃決済は、全国初の取り組みとなります。

この路線バスでのWAON決済サービスは、イオンが進める「地域エコシステム」の一環として、地域の重要な移動手段としてのバス路線の活性化はもちろんのこと、公共交通機関での来店を促進し、さらなる利便性向上と地域の活性化を図る目的で実施いたします。

また、十勝バス、くしろバス、阿寒バスでは、電子マネー決済サービスを初めて導入いたします。

イオンの電子マネー「WAON」は2007年4月に誕生以来、"いつでも・どこでも・誰でも"気軽にご利用いただける生活者の電子マネーというコンセプトのもと、利用できる加盟店を増やしてまいりました。北海道の利用可能箇所は約7,000箇所となり、お客さまからも高い支持を得ております。

また「WAON」には、日々のお買物でご利用いただくと、ご利用金額の一部をイオンが自治体などに寄付し、地域の発展にお役立ていただける「ご当地WAON」もございます。北海道では2011年の「ほっかいどう遺産WAON」の発行を皮切りに、現在までに7種類を発行し、これらの「ご当地WAON」による道内での累計寄付金額は約1億1千万円となりました。

北海道のイオングループは、地域の企業と連携し、より住みやすいまちづくりの実現に向け、地域内の交通網の整備や魅力あるサービスの向上に貢献できるよう努めてまいります。

※多区間運賃とは、バスの路線を区間ごとに区切って、区間をまたぐごとに運賃が加算されることです。

【決済サービス導入の概要について】

(1)十勝バス

 導入開始:5月21日(月)

 利用可能路線:西地区コミュニティ路線

  ※今秋より一部の多区間運賃路線にて導入予定

(2)くしろバス

 導入開始:5月21日(月)

 利用可能路線:たくぼく循環線

  ※今秋より多区間運賃路線のイオン釧路線の1路線にて導入予定

(3)阿寒バス

 導入開始:今秋予定

  ※多区間運賃路線のリフレ線(鶴野経由・大楽毛経由)、高専まりも線、鶴野ニュータウン線の3路線にて導入予定

*ご参考は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ご参考

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479380_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World