メニューを閉じる
2022年6月28日(火)
4528 : バイオ・医薬品関連
プライム
JPX日経400採用

【製薬準大手】がん領域の新薬「オプジーボ」の普及拡大で急成長。

現在値(15:00):
3,315
前日比:
+49(+1.50%)

小野薬の22年3月期、純利益10%増 ロイヤルティー増加

関西
ヘルスケア
2022/1/31 20:45 (2022/2/1 17:54更新)
保存
共有
印刷
その他

ロイヤルティー収入が想定を上回る

ロイヤルティー収入が想定を上回る

小野薬品工業は31日、2022年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比10%増の830億円になる見通しだと発表した。8%増の815億円としていた従来予想から上方修正した。他社からのロイヤルティー収入が想定を上回るほか、糖尿病と慢性腎臓病の治療薬「フォシーガ」が販売を伸ばす。

営業利益は9%増の1070億円と従来予想を40億円上回る見込み。同社はオプジーボの特許使用料を巡る訴訟で京都大学の本庶佑特別教授と21年11月に和解し、関連費用を計上したが、本業の好調で吸収した。

和解では本庶氏に解決金など50億円を支払い、京大に設立された「小野薬品・本庶記念研究基金」に230億円を寄付したが、引当金を積んでおり73億円を費用計上した。

売上高にあたる売上収益は16%増の3600億円を見込み、従来予想から150億円引き上げた。オプジーボは国内では肺がんや食道がん向けで使用が増えている。欧米でオプジーボを販売する米ブリストル・マイヤーズスクイブや特許侵害訴訟で和解した米メルクなどからのロイヤルティー収入は、21%増の計1150億円に拡大する。

【関連記事】
京都大学に小野薬品・本庶基金設立 オプジーボ和解で
小野薬、自社株買い300億円 発行済みの2.2%
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

129件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World