メニューを閉じる
2021年9月23日(木)
9045 : 陸運
東証1部

【大阪-京都間が主軸】鉄軌道中心に沿線開発や流通、レジャー事業も。

現在値(15:00):
3,060
前日比:
-60(-1.92%)

チームラボ、市有地活用で京都市と協定 24年度中完成へ 

関西
京都
2021/6/22 19:11
保存
共有
印刷
その他

京都市と協定を結んだチームラボの猪子寿之代表㊧(22日、京都市)

京都市と協定を結んだチームラボの猪子寿之代表㊧(22日、京都市)

デジタルアート集団のチームラボ(東京・千代田)と京都、大阪の企業が参加する有限責任事業組合は22日、京都市とJR京都駅東南部(京都市)の市有地活用事業に関する協定を締結し、一体整備の概要を示した。関西初となるチームラボの作品を常設展示する「アートミュージアム」や、国際的なギャラリーと協力した体験型アートセンターを2024年度中に完成させる計画だ。

対象となる市有地は京都駅から徒歩圏内にある2区画で、敷地面積は計6580平方メートル。今回、新たにアメリカに拠点を置くアート団体「スーパーブルー」が参画する体験型アート施設を新設する計画を明らかにした。企画展を開催できる施設にする。アートミュージアムを含め23年に周辺地域に移転する京都市立芸術大学など、地域の学生に創作や実験の機会を提供するなど、地域の文化発展につなげる狙いだ。

チームラボの猪子寿之代表は「まだまだ世界から理解されていない、日本の伝統美術や空間芸術への興味や深い理解のきっかけのひとつになれば」と抱負を述べた。猪子氏は20代で京都に通い、寺院の古典絵画や庭など伝統的な芸術に影響を受けたという。「文化が積み重なり、いまなお残る京都でプロジェクトを成功させることは非常に意義があることだ」と強調した。

同組合には京都を拠点に置くメディアや京阪ホールディングスなどが参画する。関係者からは「新たな観光の拠点となる」「地域活性化の起爆剤」と期待する声があがった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

85件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World