メニューを閉じる
2021年5月16日(日)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
5,725
前日比:
+38(+0.67%)

利益相反の同僚弁護士、裁判から「排除」できず 最高裁

社会・くらし
2021/4/16 19:00
保存
共有
印刷
その他

利益相反を抱える弁護士と同じ事務所だった相手方弁護士を、裁判から強制的に外すことは可能か――。こうした点が争われた許可抗告審で、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は16日までに、「具体的に禁止する法律は見当たらない」として、排除の申し立て自体ができないと判断した。

対象となったのは、エイズウイルス(HIV)の治療薬をめぐり特許権侵害があったとして、塩野義製薬などが米医薬大手、ギリアド・サイエンシズの日本法人に損害賠償を求めた裁判。塩野義で提訴準備に関わった社内弁護士が、別の法律事務所に移籍し、その事務所で同僚だった弁護士がギリアドの代理人を務めることの是非が問題になった。

塩野義側は「事務所内に利益相反を抱える弁護士がいた場合、対象事件を担当できない」とする日本弁護士連合会の規定に違反すると主張。社内弁護士の移籍先事務所がギリアドの代理人を務めるのは不当だとして地裁に申し立てた。

一審の東京地裁決定は「塩野義の社内弁護士だった人物について、移籍先事務所は対象の裁判での情報共有を防ぐ措置を講じていた。漏洩などの形跡もうかがえない」として、規定が適用されない例外事由にあたると判断。一方、二審の知財高裁決定は「情報交換の遮断には一定の限界がある」などの理由で塩野義側の主張を認めた。

第2小法廷は、利益相反を抱える弁護士本人については弁護士法に基づき裁判から排除するよう申し立てられるが、同僚弁護士については「(裁判への関与を)具体的に禁止する規定はない」と指摘した。知財高裁決定を破棄し、排除は認められないと判断した。

決定は14日付。裁判官4人全員一致の意見。裁判長を務めた草野裁判官(弁護士出身)は問題となったケースについて「いかなる条件で関与が禁止、容認されるのかを具体的な規則で規律することは日弁連に託された喫緊の課題の一つだ」とする補足意見をつけ、分かりやすいルールづくりを促した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

296件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World