メニューを閉じる
2022年8月11日(木)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(15:00):
3,782
前日比:
+34(+0.91%)

5万人のゲノム解析完了 東北大、創薬に活用期待

科学&新技術
ヘルスケア
2022/6/30 18:00
保存
共有
印刷
その他

東北大学の東北メディカル・メガバンク機構は30日、日本人5万人分の全遺伝情報(ゲノム)の解析を完了したと発表した。個人のゲノムデータと健康情報をひも付けたデータベースを作った。コンソーシアムに参加する製薬企業が無料で創薬研究などに利用できる。

日本人5万人分のゲノム解析完了を報告する東北メディカル・メガバンク機構の山本雅之機構長(30日、東京都中央区)

日本人5万人分のゲノム解析完了を報告する東北メディカル・メガバンク機構の山本雅之機構長(30日、東京都中央区)

同機構は宮城県や岩手県などの住民約15万人以上の健康情報や血液などの試料を集めている。今回はそのうちの5万人分の解析を終えた。血縁関係が近い人を除いた3万8千人分について、遺伝情報のわずかな違いの頻度をまとめてデータベースで公開した。2021年12月に公開した時点では1万4千人分だったが、2倍以上に増えた。

人のゲノムとなるDNAは4種類の塩基という物質が並んだ構造をしている。人の場合、塩基の並び方は99%以上が同じだが、わずかな違いが体質や病気のかかりやすさの違いを生む原因になるとされる。

日本人のゲノムデータを健康情報と共に分析すれば、ゲノムから病気にかかるリスクなどを正確に予測しやすくなり、個別化医療につながると期待されている。遺伝子の違いと病気の関係を検証しやすくなり、病気の原因となるたんぱく質を特定して治療薬を開発しやすくなる可能性もある。

同機構は今後、10万人分を目標に解析数を増やす。ゲノム解析には費用や時間がかかるため、同機構が20年8月までに解析したのは約8300人分にとどまっていた。21年には武田薬品工業エーザイなど製薬大手5社と、10万人分のゲノム解析のためのコンソーシアムを設立。企業の資金などをもとに解析を進められるようになった。データはコンソーシアムの参加企業でなくても有料で利用でき、一定期間たてば利用料の引き下げも予定するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

602件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World