メニューを閉じる
2021年7月26日(月)
3994 : インターネットサイト運営
東証1部

【家計簿アプリ】スマホ向け手掛ける。企業会計システムも。

現在値(15:00):
6,860
前日比:
+270(+4.10%)

ファクタリングのOLTA、共同事業の提携銀行が10行到達

スタートアップ
ネット・IT
フィンテック
2021/5/31 21:52
保存
共有
印刷
その他

OLTAのサービスイメージ。提携銀行の拡大で利用企業を増やしている

OLTAのサービスイメージ。提携銀行の拡大で利用企業を増やしている

オンラインで売掛債権を買い取るファクタリングを手掛けるOLTA(オルタ、東京・港)は5月31日、池田泉州銀行と共同事業を始めると発表した。オルタが地銀を中心に金融機関と提携し共同事業を展開するのは10行目。2017年のサービス開始以来、累計の申込金額は400億円を超えた。地銀との共同事業を通じ地方の中小企業を中心に利用企業を拡大している。

オンライン型ファクタリングでは企業がオルタに売掛債権を売却することで、同社の人工知能(AI)による審査を経て最短即日で企業に資金が振り込まれる。手数料は2~9%に設定する。金融機関との共同事業ではサービスの開発や導入をオルタが担い、顧客となる企業からの申し込みを受ける。

オルタは20年2月に新生銀行との共同事業の開始発表を皮切りに、20年7月から群馬銀行青森銀行鳥取銀行筑邦銀行など全国各地の地銀と展開してきた。近畿地方では池田泉州銀行との共同事業が初めてになる。提携する金融機関からの送客が本格化した20年10月~21年3月のファクタリング申込社数は、20年4~9月の約2倍になったという。

オンライン型ファクタリングは、マネーフォワード子会社のマネーフォワードケッサイも提供している。20年には福岡銀行との共同事業について、実証実験の開始を発表していた。

新型コロナウイルスの感染拡大で中小企業の経営の先行きが見通せないなか、新たな資金調達手段としてオンライン型ファクタリングが注目を集めている。金融機関との提携ではオルタが先行するが、今後は両社とも地銀を中心に提携を加速させる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

159件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World