メニューを閉じる
2022年8月17日(水)
9201 : 空運
プライム

【航空大手】10年1月に破綻後、市場にスピード復帰。路線別採算管理を徹底。

現在値(15:00):
2,415
前日比:
+28(+1.17%)

ANA、エアバスの超大型機 ハワイ線で2年ぶり運航再開

新型コロナ
サービス・食品
2022/7/1 22:09
保存
共有
印刷
その他

全日本空輸(ANA)は1日、成田―ホノルル線で欧州エアバスの超大型機「A380」の運航を再開した。定期便での本格的な運航再開は2年4カ月ぶり。渡航制限の緩和が進むなか、観光需要の回復に対応する。日本航空(JAL)も7月から羽田ーホノルル線を毎日運航するなど、国際線の回復に向けた動きが広がっている。

エアバスA380の再就航記念セレモニーであいさつするANAの井上慎一社長(1日、成田空港)

エアバスA380の再就航記念セレモニーであいさつするANAの井上慎一社長(1日、成田空港)

7月1日から10月29日までは成田発のホノルル便を金曜日と土曜日に週2往復運航させる。月曜~木曜と日曜に週5往復運航する羽田発と合わせ、東京圏から毎日ハワイと行き来ができる体制を整える。

1日、成田空港で開かれた再就航記念セレモニーで井上慎一社長は「ホノルル線はゴールデンウイーク(GW)から予約数が積み上がっている」と強調。「旅行需要が新型コロナウイルス感染拡大前の姿に戻るきっかけにしたい」と話した。7月のホノルル線の予約数は前年同月比6倍に伸びているという。再開の第1便は414人が搭乗し、搭乗率は8割だった。

2年4カ月ぶりに定期便としてホノルルに向かうANAのエアバスA380に乗り込む人たち(1日、成田空港)

2年4カ月ぶりに定期便としてホノルルに向かうANAのエアバスA380に乗り込む人たち(1日、成田空港)

再就航したANAのA380型機は500席を超える大型の機材。ハワイにちなんだウミガメのデザインを施し「FLYING HONU(フライングホヌ)」の愛称で呼ばれる。成田―ホノルル線は新型コロナの感染拡大を受け、2020年3月を最後に定期便の運航を停止していた。

3年ぶりのハワイ旅行だという東京都の男性会社員(40代)は「ハワイならではの食事や自然を楽しんでコロナ疲れをリフレッシュさせたい」と笑顔を見せた。一方、「想定以上に円安が進んだのでお土産などの買い物は控える」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1032件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World