メニューを閉じる
2022年12月3日(土)
7203 : 自動車 日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
1,971.0
前日比:
-27.5(-1.38%)

イオンとトヨタ商用車連合、九州で効率配送の実証実験

小売り・外食
自動車・機械
2022/9/29 17:56
保存
共有
印刷
その他

イオン九州などはCJPTと店舗までの配送効率化で実証実験する(写真はイオン九州の福岡市内の店舗)

イオン九州などはCJPTと店舗までの配送効率化で実証実験する(写真はイオン九州の福岡市内の店舗)

イオン傘下のイオン九州などとトヨタ自動車などが参加する商用車の次世代技術の開発会社が29日、九州地域で実証実験を始めると発表した。トラックなどから集めたデータを分析し、短時間で効率的に回る経路を割り出すなど、配送時間とコスト低減を目指す。倉庫や店舗などをつなぐ物流の効率化に向けて協力する。

参加するのはトラックなどの技術開発会社コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)とイオン九州、イオンの物流子会社のイオングローバルSCM(千葉市)の3社。九州地域で食品メーカーの工場からイオンの倉庫と倉庫からイオンの各店舗までの配送網で実験する。

実験ではCJPTの車がネット経由でデータをやり取りするつながる車の技術を活用し、車両の走行状況や積載量の情報をリアルタイムで分析する。トラックが短時間で配送できる最適なルートを見つけ出したり、積み荷に余裕のあるトラックを優先的に自動で手配したりする仕組みをつくる。9月から実験を始め、6カ月間で効果を検証する。他の地域への展開も検討する。

イオングローバルSCMとトヨタは21年4月から大阪府内の倉庫と店舗を結ぶ配送網で実証実験している。配送の時間とコストは従来より10%以上を効率化できた。大阪の実験成果は今回の九州でも活用し、将来は全国の物流網の効率化を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4117件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World