メニューを閉じる
2022年10月5日(水)
3382 : 総合小売・食料品小売
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合小売業】セブン-イレブン、イトーヨーカ堂など傘下に持つ。

現在値(15:00):
5,816
前日比:
+257(+4.62%)

百貨店大手5社、7月は全社が増収 夏物と高額品好調

小売り・外食
2022/8/1 18:44
保存
共有
印刷
その他

7月は全社が増収だった(東京都中央区の三越日本橋本店)

7月は全社が増収だった(東京都中央区の三越日本橋本店)

三越伊勢丹ホールディングスなど百貨店大手5社が発表した7月の既存店売上高(速報値)は、全社が前年実績を上回った。新型コロナウイルス禍前の19年7月との比較では、三越伊勢丹が9カ月ぶりに上回った。その他4社も19年には届かないが、9割程度かそれ以上の水準に回復している。

7月の既存店売上高は三越伊勢丹が22.2%増、セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武が13.9%増、J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店が13.8%増、高島屋が10.6%増、エイチ・ツー・オーリテイリング傘下の阪急阪神百貨店が10.2%増だった。

例年より早い梅雨明けの影響で、ワンピースやブラウスなど夏物衣料の販売が好調だった。晴雨兼用傘や帽子、サングラスなどの紫外線対策商品も大きく売り上げを伸ばした。宝飾品やラグジュアリーブランドなどの高額品も堅調で全体をけん引した。

ただ、感染拡大の影響で7月下旬には客数の減少や売上高の伸びに鈍化がみられた。伊勢丹新宿店(東京・新宿)や三越日本橋本店(同・中央)などは、東京都で1日の新規感染者数が2万人を超えた7月20日以降、前の週の同じ曜日と比べて10%ほど客数が減っているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

564件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World