メニューを閉じる
2022年12月10日(土)
6502 : 総合電機

【重電大手】発電設備や上下水道システムなどインフラ中心。保守や運用などサービスに注力。

現在値(15:00):
4,553
前日比:
+192(+4.40%)

東芝系、スマートメーターのデータ活用で節電支援

日経産業新聞
ネット・IT
エレクトロニクス
環境エネ・素材
2022/9/14 2:00
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

東芝子会社の東芝エネルギーシステムズ(川崎市)は電力データを使った企業向けサービスの向上を狙う。2023年度にも次世代電力計(スマートメーター)のデータを第三者が扱える制度の実用が見込まれる。スマートメーターのデータを使い、企業に節電を促すサービスの精度を高めたり、再生可能エネルギーなどの電力を差配したりするビジネスに生かす。

節電サービスは「デマンドレスポンス(DR)」と呼ばれる。送配電事業者から指令を受けた電力小売事業者が需要家に対して節電を促す。このDRのシステム管理や需要家などとの調整を裏で手掛けているのが東芝エネルギーシステムズだ。節電がうまくいけば、同社と小売事業者と需要家とが報酬を受け取れる。

同社は節電を実施できる企業などを募り、節電の指示を出す計画を練る立場にある。ただ企業ごとに節電できる継続時間や開始までにかかる時間帯はバラバラだ。全体の節電量に大幅な過不足が生じるのを防ぐため、どの企業にどれほどの節電を要求するかがカギになる。

■データの第三者利用可能に

スマートメーターは発電所や家庭などに設置されている電力量の測定器だ。1日を30分ごとに区切った発電量や消費量を読み取ることができる。これまでスマートメーターのデータは送配電事業者などが管理しており、第三者が利用することは難しかった。

電気事業法の改正により、データを管理する政府が認めた協会を通じて個人の同意を得られれば、直接電力を提供していない第三者もデータを取得できるようになった。スマートメーターのデータを管理している大手電力の送配電事業者などが同協会を通じて、第三者にデータを提供する。

企業などに節電を促すDRサービスを展開している

企業などに節電を促すDRサービスを展開している

東芝エネルギーシステムズは、大手電力からの指令に基づき企業などに節電を促すことで報酬を得る事業や再生可能エネルギーなどの電力を差配する「アグリゲーター」と呼ばれる事業を展開している。こうしたビジネスに電力データの活用を目指す。

スマートメーターのデータが開放されれば、各企業の電力消費の傾向がより精緻に判断できる。節電がうまくいかなかった場合に支払うペナルティーの低減にもつながる。

アグリゲーターの分野では、東芝エネルギーシステムズが発電事業者から固定価格で再生エネを購入し、その後に電力小売事業者や卸電力市場、需要家などに差配するといったビジネスを展開している。

■FIPへの切り替え後押し

再生エネは大手電力に全量売電する固定価格買い取り制度(FIT)を中心に普及が進んだ。現状、発電事業者がFITで売る再生エネ電力を東芝エネルギーシステムズが買うためには、発電所に付与されるFITの認証を22年度から始まった「FIP」制度の認証へと切り替えてもらう必要がある。

発電事業者にとっては、安定収入が見込めていたFITをFIPに切り替えることをためらうケースが多い。東芝エネルギーシステムズとしては、FIPに切り替えてもらうことによる収益面のメリットを売り込む必要がある。その収益性を発電事業者にアピールするために有効な手段の一つがスマートメーターのデータ活用だ。

スマートメーターのデータが活用できれば、発電所の30分ごとの発電量を過去に遡って収集できる。このデータを基に、FIP制度でどれほどのメリットがあるかを伝えることで、東芝エネルギーシステムズに売電してもらうきっかけとしたい考えだ。

東芝エネルギーシステムズはスマートメーターのデータを活用する

東芝エネルギーシステムズはスマートメーターのデータを活用する

これまでは発電量のデータを発電事業者から個別に提供を受け、その都度対応していた。発電事業者ごとに提供にかかる時間やフォーマットが異なるため、売り込みにも時間を要していた。中には発電事業者からデータを提供できないケースもあった。今後、データ開放されれば、直接データを受け取れるようになり、発電事業者への売り込みがスムーズになる。

スマートメーターのデータ開放を巡っては、他社も活用を模索している。電力・ガスプランの切り替えなどを手掛けるENECHANGE(エネチェンジ)は23年にも需要家へのDRサービスを直接担うサービスを開始する予定だ。データ開放によるビジネスチャンスの萌芽に注目が集まる。

(柘植衛)

日経産業新聞の記事一覧へ

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

903件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World