メニューを閉じる
2021年6月17日(木)
9433 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合通信会社】「au」ブランドの携帯事業が主力。

現在値(15:00):
3,605
前日比:
+2(+0.06%)

非回線契約者への端末販売拒否が最大3割 総務省調査

BP速報
モバイル・5G
2021/4/28 13:15
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

総務省は、携帯電話の販売代理店に対する覆面調査の結果を26日の有識者会議で公表した。これによると、非回線契約者への端末販売を拒否した店舗が最大3割近くに達した携帯電話会社があった。「一部の店舗における単なる誤案内とは考えにくく、何らかの構造的な要因があることが推察される」と結論づけた。

覆面調査では、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの店舗において、各社が提供する端末購入サポートプログラムを使い、携帯電話回線には契約せず端末だけを購入する場合の対応を調べた。

この結果、NTTドコモで22.2%、KDDIで29.9%、ソフトバンクで9.3%の販売拒否が確認された。「直営店ではないため、受付できないシステムになっている」などと事実と異なる説明がみられたという。

一方、総務省がこうした非回線契約者への端末販売拒否の有無を大手各社に調べさせたところ、NTTドコモは3.3%、KDDIは1.3%、ソフトバンクは2.3%あったとの自己申告だった。覆面調査との差が大きいことから、携帯大手が「現場の実態を十分に把握・指導できていないと考えられる。販売代理店への指導等措置義務を十分に果たしていない」と問題視した。

総務省の有識者会議は、携帯大手の販売代理店に対する評価指標や手数料体系がこうした問題を招く要因になっているとみており、販売代理店の在り方についても見直しを図っていきたい考えだ。

(日経クロステック/日経コンピュータ 榊原康)

[日経クロステック 2021年4月27日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1241件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World