メニューを閉じる
2022年12月10日(土)
9984 : 通信サービス
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【投資持ち株会社】中国・アリババ集団などを保有。ファンド運用も。

現在値(15:00):
6,168
前日比:
+73(+1.20%)

日本郵政側とソフトバンク、双方が控訴 工事遅延巡り

BP速報
ネット・IT
サービス・食品
科学&新技術
2022/9/28 11:24
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

通信回線敷設工事の遅延を巡り、日本郵政の子会社とソフトバンクなどが争った裁判で、郵政子会社とソフトバンクの双方が東京地裁の判決を不服として控訴していたことが、日経クロステックの取材で27日までに分かった。

9日の一審判決で東京地裁は、ソフトバンク側に約108億円の支払いを命じる一方、日本郵政側にも契約外の追加業務の報酬として約19億円の支払いを命じていた。

同裁判は郵政子会社の日本郵政インフォメーションテクノロジー(JPiT)が2015年に、郵政グループ共通インフラ更新工事の遅延によって損害を被ったとして、作業を担当したソフトバンクと管理業務を担った野村総合研究所(NRI)に対し、連帯して約161億円の損害金の支払いなどを求める訴訟を提起したもの。

対するソフトバンクも遅延によって生じた追加業務の報酬として、約239億円の支払いを求めて日本郵政側を提訴。NRIも日本郵政側の訴訟に対して約13億円の報酬を求める反訴を起こしていた。

JPiTは控訴の事実を認めたうえで、「一審判決において当方の主張が一部認められていない部分があったため、控訴することとした」とコメント。ソフトバンクも控訴を認め、「当社の主張が認められている部分はあるが、JPiT側の主張が認められている部分が大きく、(今回の判決は)受け入れられない」とした。

損害金の支払いも追加の報酬も認められなかったNRIは控訴しておらず、「コメントは控える」としている。

(日経クロステック/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経クロステック 2022年9月27日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

2435件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World